So-net無料ブログ作成

人生の悩みはお風呂で消える [本]


  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2014/08/15
  • メディア: Kindle版

  昨日のことから、メリハリ(減り張り)の減りに役立つ本はないかとさがしていたら・・・
ありました。今の僕のために書かれたような本です。

まず「お風呂に入る」前の話が結構いいのです。

 「現代人はなぜストレスがたまるのか」ということについて・・・

日本より不便なアフリカのサバンナに住んでいる人の方が悩みは少ない。
情報量が多いほど、悩みは多くなる。それは選択肢が多くなるから。
「世界一幸福な国」ブータンでは、今インターネットやスマートフォンの普及と共に、病院内に心療内科がつくられるようになったそう。

情報量が多くなればなるほど、反比例するように幸福度は減っていく。
時間・時間と言っている人ほど、時間に追われている。
まさに僕のことです。

だから、一度リセットする必要がある。そこで・・・
「お風呂は悩みをリセットするための最適な空間」であると展開していきます。
なぜなら、お風呂は外の世界の情報から遮断されるので、思考をシンプル化するのに最適、ということです。また、毎日入るので、毎日リセットできます。

 今までの僕はとにかく寝るまでの時間を有効に使おうと、張り張りの状態でした。

しかし、シンプルな生き方が、幸福につながっていくそうです
あれもこれもではなく、
成長と世の中への貢献
これを実感することで、幸福度は増していく。

だから、リセットする空間としてお風呂を活用します
具体的には、お風呂の中で
一日を振り返り、良いことを見つける。
失敗も、別の視点からとらえ、学びにする。

何度も聞きなおしました。
お風呂を題材に、深いお話でした。

nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

「学力」の経済学 [本]

「学力」の経済学

「学力」の経済学

  • 作者: 中室 牧子
  • 出版社/メーカー: ディスカヴァー・トゥエンティワン
  • 発売日: 2015/06/18
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

教育というと、誰もが議論でき、また意見を持っています。
それは、みんな教育を受けてきた人たちだから。
しかし、それは自分の主観であり、統計データに基づいたものではありません。

「子どもはほめて育てるべき?」
「勉強させるためにご褒美で釣るのっていけない?」
 個人の経験で語られてきた教育に、科学的根拠が決着をつける!

本書では、
・ほめ育てはしては「いけない」
・ご褒美で釣っても「よい」
とありました。

読むと納得です。

僕が学んだのは、「ほめる」ことです。
ほめ育ては「いけない」とありますが、
正確には、
結果ではなく過程を褒める
なぜなら、結果のみをほめていると、成果を達成できない時、ごまかしたり、あきらめたりする。
しかし、がんばっている過程をほめることは、努力することを評価することになり、がんばれる子どもに育つ。
 なるほどなあと思います。

 最近の若者は、変な自信があるけど、打たれ弱いということを、耳にしました。
 これは、結果のみをほめる、間違ったほめ育てが原因なのかもしれないなあ・・・と思いました。

 また学力テストなど点数で評価する認知能力よりも、非認知能力の方が重要ということも心に残りました。

 非認知的能力とは、例えば、目標に向かって頑張る力、他の人とうまく関わる力、感情をコントロールする力などです。
これらがあることで、将来の年収や犯罪率等に差が出るとのこと。

考えると、これは合唱を通して身につけることが可能な力かもしれません。
目標に向かって頑張る力・・・コンクールへの挑戦を通して、その力が必要とされます。
他の人とうまく関わる力・・・音楽を通して、人とうまく関わる力を身につける必要にせまられます。
感情をコントロールする力・・・音楽を表現していくために、自分の感情をコントロールしていく必要があります。

 以前、ほめる指導についての記事を書きましたが、ほめることに関して新たな学びがありましたので、記事にしました。

PS.教育に関しては、意見が分かれるところです。そんな分野の様々なことを科学的根拠や統計データに基づいて書いてあり、おもしろかったです。

nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

老けない人はこれを食べている [本]

  今日は、このオーディオブックを聞きました。

老けない人はこれを食べている

老けない人はこれを食べている

  • 作者: 牧田 善二
  • 出版社/メーカー: 新星出版社
  • 発売日: 2017/09/14
  • メディア: 単行本

 老化の最大の原因は、糖化だった!糖質オフ・アンチエイジングの専門家でベストセラー医師の牧田善二先生が、実際に患者さんにも指導している「いつまでも若く、病気にならない食べもの・食べ方」を紹介します。

 最近食べ物に無頓着になっていた自分に、改めて体に入れる食べ物に注意しなさいよ。ということを教えてくれました。

 これまで老化の原因は「酸化=体がサビる」と考えられていましたが、酸化だけではなく、「糖化=体がコゲる」ことで、人の体は老い、そしてあらゆる病気を引き起こしていることがわかってきました。

 要は、焦げ目のついたものには、老化物質であるAGEというものが大量に含まれていて、やめたほうがよい。ということがわかりました。
 一番最悪なのが、フライドポテトやポテトチップス。

 その他、健康に良い食べ物の紹介がありました。
その中には、僕が普段から食べている、ゴマ納豆などがあり、一安心しました。
 ただ本の中で紹介している食品の種類が多すぎる感がありました。
 言える事は、熱などの処理をあまりせず、そのまま食べるのが一番いいみたいです。

具体的に、僕がとって行きたいと思った食材は、
リンゴ ネットで箱買いすれば、毎日食べられそうです。

 普段は自分の知識やメンタルを高める本をよく読んでいるのですが、こういう実用的な本もいいものだと思いました。
 いつまでもこの体がベストのパフォーマンスで使えるよう、食事も意識していきたいと思いました。

たいていの人は、剣によるよりも、飲み過ぎ、食い過ぎによって殺される。オスラー

日本人は食事を重要行為とみなしていない。ベネディクト 「菊と刀」

nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

あなたの潜在能力を引き出す20の原則 [本]

 久々に、僕の心をグググ~~っと引き寄せる本と出合いました。

あなたの潜在能力を引き出す20の原則

あなたの潜在能力を引き出す20の原則

  • 作者: ジャック・キャンフィールド
  • 出版社/メーカー: ディスカヴァー・トゥエンティワン
  • 発売日: 2017/12/14
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
世の中は、「自分はこれからすごいことをするつもりだ」と言う人であふれています。
しかし、実際に目標を立てて結果を出す人はごくわずかしかいません。
その人たちに能力がないからではなく、たいていの場合、潜在能力を引き出す方法を知らないからです。この本はそういう人たちのために書かれています。

 まさにその方法が満載でした。
 
「人生の最高の栄冠は、絶対に倒れないことではなく、倒れるたびに起き上がることである」ネルソン・マンデラ
「想像力がすべてだ。それは人生でこれから起きることの予告編である」アインシュタイン

 など、本書では偉人たちのエピソードや名言を通して、人生の成功者になる為の大原則を解説されています。

 聞いて、すごく元気がわいて来ました。
 ただ一度聞いただけでは、消化不足。何度も何度も聞きなおそうと思っています。
 そして何よりも書いてあることを行動することが大切。

 自分の中に常に良いイメージを持ち、行動すること。

 さっそくやろうと思っていることが、これです。

 しあわせに生きる原点に立ち戻れる本です。

nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

言いたいことは1分で!10倍伝わる話し方 [本]

  今日は、休息の一日でした。
 この本のおかげで、ランニング、生き生きとできました。有酸素運動は、脳を若返らせる。集中力が伸びるなど、いいことばっかり。

一流の頭脳

一流の頭脳

  • 出版社/メーカー: サンマーク出版
  • 発売日: 2018/03/05
  • メディア: Kindle版
 走るごとに脳が活性化するとなると、走らないではいられません。
 90分のランニングでした。
 良い天気で、体も心もお日さまを浴びました。
  今日聴いたオーディオブックはこれです。
言いたいことは1分で!  10倍伝わる話し方

言いたいことは1分で! 10倍伝わる話し方

  • 作者: 渡辺 美紀
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2012/12/12
  • メディア: 単行本

 合唱指導にしても、仕事の上でも、時間がない中、いかに相手の心に伝えるか、ということが重要になってきます。

 使えるなあと思ったのは、これです。

今1分だけお話していいですか?
そして話したい内容の概略を話す。
それで、聞き手がもっと聞きたいということになれば、詳しく話す。

 コミュニケーションでは、まず聴くことが大切と言います。
しかし、話すことも大切。
相手に伝えるコツは、それ相応の準備が必要ということがわかりました。
その具体的なコツがたくさん書かれていました。

■相手が答える時間を短縮する「チョイス戦法」
■「説教長くてウザい」と言われない「3ステップ」
■アピール効果が高い「時事ネタ1分スピーチ」の話し方
■話す時間を半分に減らせる「5大ゴミ用語」 ほか
プロの話し手が書いたものですので、実践的です。

 少しずつ実践していきます。

 走っているから、本の内容がビンビン入ってきます。
やはりランニングは、脳を活性化するようです。

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:学校