So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

合唱団について考えてみました。 [合唱]

 今日は、合唱団のことについて、いろいろと考えていました。

 何のために合唱団をやっているのか。
それは僕や子どもたち。そしてそれをとりまく人たちがしあわせになるためです。
これが大原則です。

それには、成長楽しさが大切です。
そのために、コンクールへの挑戦があったり、コンサートがあったりするのです。

 合唱を通して、人生を豊かにし成長してもらいたいという思いがあります。

 そのために、目の前の子どもたちを大切にしたいなあと心から思います。

 合唱に来て、歌がうまくなったなあ・・・
 ハモレて気持ちよかったなあ・・・ 
 なんだか、先生からいい話を聞いたなあ・・・

 一つでもそんな思いができる合唱団でありたいなあと思います。

 また、大きいお姉さんから教えてもらってうれしかったなあ・・・
 優しく声をかけてくれて、楽しかったなあ・・・
 合唱団は異年齢集団です。
 小さい子どもたちには、そんな思いをしてもらえるような合唱団でありたいなあと思います。

 また大きい子には、小さい子の御世話をすることで、人間としての広がりもできてくるように思います。それが成長を生みます。そんな合唱団でありたい。
 
 また団員たちは、音楽ど素人の僕が、大きな夢を語り、挑戦し、時にはあたふたし、あえぎ、苦しみ、成長していく姿を見ることができます。そんな、一人の人間の成長を見ることができる合唱団でもありたい。だから僕は、学び、成長し続けるのです
 
 そんなことを練習の合間合間に少しずつ話していくことにします。
 思いを伝えていきます。

 合唱団は、みんなが楽しく成長し、しあわせを感じる空間でありたい。

 合唱団は、成長と楽しさの空間なのです。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

誰かのためなら [合唱]

  なんだか疲れがたまる今日この頃。
 限界かな??と感じることもあります。
 しかし、改めて、合唱団の子どもたちのことを考える機会がありました。

 学校が終り、疲れているだろうに、来てくれる子どもたち
 一生懸命、歌ってくれる子どもたち
 みんな合唱が大好きで集まってくれる子どもたち
 そんな子どもたち一人ひとりのことを考えていると、体の底から元気がわいて来ました。

 この子たちに、合唱を通して、しあわせの種をプレゼントしていきたい。
 人は誰かのためなら、がんばれます。 
 それが僕をしあわせな気持ちにしてくれます。

 やれる間は、がんばります。
 一歩でも前へ
 そんなことを改めて思った今日の合唱練習でした。

誰かの為に生きてこそ、人生には価値がある。アルベルト・アインシュタイン

人間はただ生きるために生まれてくるのではなく、世のため、人のために、事を為すために生まれてくるのだ。坂本龍馬

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

変化! [合唱]

 今日は合唱団の練習でした。
 中学生は中間テストのためお休み。
 小学生だけの練習でした。

 人数がいつもより少なかったのですが、新たな発見がありました。
 一人一人声を出させてみると・・・

 すっごく声が変化していることがわかりました。
 特に6年生の声が、劇的に変化しています。
 更に、今年入った3年生も変化していました。
 後もう少しで響きがつかめそうな子も、何人かいました。

 声はある時、劇的に変わります
 それは、3年生であったり、時には6年生のおしまいの場合もあります。
 いずれも、体で「これだ」って、わかるときがあるようです。
 それをつかんだとき、さなぎが蝶に変化するように、劇的に響きが変わります
 それが、とてもおもしろいです。

 水道からポツポツ出た水が、いつかコップから溢れ出るように
 こつこつと練習を積み重ねることにより、声が体から溢れ出るときがやってきます

 だから合唱はおもしろいです。

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

集中力 [合唱]

  今日は合唱団の練習でした。

 土曜日の練習は、合唱団全員が集まる日です。
 小学校2年生から中学校2年生まで、総勢50名を越えました。
 いつも練習している公民館の大広間がびっしりです。
 同時に、ざわついた雰囲気にもなっています。
 そこで集中力のお話しをしました。

 同じ時間でも、集中力があると倍の練習ができます。どんどんと上手になります。
 そして他にもいいことがあります。
 その集中力は他のことにも応用が効くのです。
 今中学生は、中間テストが近いですが、集中力さえ身につけば、短時間の勉強でも伸びていきます。
 逆に長い時間をかけていても、だらだらとやっていては伸びないものです。
 大好きな合唱を通して、集中力も伸ばしていってください。

 みんな同じ時間を与えられています。
 そんな中、集中力があれば、その時間を二倍、三倍の価値にもできるのです。

集中力は、人に教えてもらったり、聞いて身につくものではない。勝負どころでの集中力を発揮するには、集中できる環境を自らつくり出すことこそが大切だと思っている。羽生善治

 集中力。それは、意識し、自分で作り出すことが大切なのです。そしてこれは僕自身のテーマでもあります。

nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

新しい感覚 [合唱]

  今日は中学校の部の合唱団練習でした。

 新曲に取り組んでいます。
 その音取りの早いこと早いこと。
 初見で、あっという間に音をとってしまいます。

 新曲には、難しい和音がたくさんあります。
 きれいな和音だけでなく、複雑な和音がたくさんあります。

 子どもたちの進化とともに、僕の進化も求められています。
 いやが上でも、勉強せざるを得ないです。
 でも、うれしい勉強です。

 子どもたちと共に、新しい音楽を作っていくのは楽しいです。
 声で音楽を作っていく楽しさ
 新しい感覚を味わっています。

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

いろんな可能性を感じたNコン全国 [合唱]

  Nコン全国コンクールを見て、今年は、いろんな可能性を感じました。

まず札幌市立幌西小学校。この中に合唱を始めたばかりの3年生が13名もいる・・・と聞きました。それでも、聞き応えのある歌声でした。

観音寺市立柞田小学校は、30人で全国へ出場しました。
真栄中学校に至っては、22人での全国出場です。
その姿は、どれだけ見ている人に勇気を与えたでしょう。

鶴川第二中学校は、Nコンという場で、あのようなパフォーマンスもできるのだ!!ということを示してくれました。
そのすべてに、チャレンジ精神を感じました。

 今、全国には、人数や環境の面で合唱をやりにくい子どもたちや先生がたくさんいることでしょう。そんな人たちに、挑戦する子どもたちの姿は、勇気を与えてくれたと思います。

IMG_5348.jpg

 合唱を知らない人に対して、Nコンはもっとも合唱を普及する手段となっていると思います。だからこれからもNコンは、チャレンジする人を応援するコンクールであってほしいと思います。いろんな状況の人が挑戦できるNコンであってほしいと願っています。

  そのことが合唱の裾野を広げ、挑戦する人たちをふやすことにつながると思うからです。
 それは、明るい未来につながります。
 挑戦してきたからこそ、世の中は進歩してきたからです。

 さらに言うと、挑戦する人を応援する世の中であってほしいと思います。Nコンは、そういう世の中の流れをつくる役割を担うこともできると思います。なぜなら音楽の力はすごいからです。

 そして、僕たちはこれからも挑戦成長していきます。音楽を通してしあわせを広げていきます。

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

第85回Nコン全国コンクール・中学校の部の感想 [合唱]

 中学校の部も感動しました。

IMG_5347.jpg

 感じたのは、自由曲の多様性です。 いろんな種類の曲があり、聞いていて新鮮でした。 それぞれ良かったのですが、僕のハートにグググと来たものを書いてみます。

町田市立鶴川第二中学校の自由曲、Chongareは、驚きました。手拍子足拍子をつけ、Nコンでここまでチャレンジすることに、驚きました。確実に会場を一つの世界にしていました。

大阪市立文の里中学校の自由曲「アンソロジーⅠ」から~序・泣いているきみ~。初めて聞く曲だったけど、いい曲だなあと思いました。特に後半にいくに従って、声の高まり、表現が感動的でした。

安田女子中学校真栄中学校の自由曲、日向木挽唄も、それぞれ心を打ちました。 安田中学校の方は、ホールいっぱいの響きとメリハリのある表現・ハーモニーにうっとりしました。 同じ曲ですが、真栄中学校の方は、声の統一感、さらに少ない人数であるにも関わらず、ホールいっぱい響くこえに震えました。

課題曲で、涙が出た学校が一校ありました。 真栄中学校です。 人数が22人しかいません。 僕の知っている限り、最小の人数です。 ステージもスカスカです。 にも関わらず、 響いてくる声。 表現しようという気持ちを感じました。

Nコンに12人で挑戦したうちの合唱団のこどもたちの歌声が重なりました。知らない間に、目頭があつくなっていました。 人数が少ないからこそ、感動が僕の心の中に沸きあがりました。

IMG_5348.jpg

  中学校の部、まだ正確な結果を知りませんが、おそらく僕の予想ははずれまくっていると思います。 全国となると、基本的な音程とか楽譜上のことはクリアにしていると思います。

   その前提で、感動する音楽は人それぞれ違うということがわかりました。 それは、感じるのは一人一人の心だからです。 今までの生きざまの中で何を大切にしてきたか。ということによって、心の中の感情を揺さぶるものは違うと思うからです。

  それは、ハーモニーにであったり 言葉であったり 表情であったり 声であったり、 人それぞれです。 だから審査員が違ったら、結果も変わるものだと思います。

 そんな中で、僕はやはり挑戦する音楽が好きです。 歌う人の感情の伝わる音楽が好きです。

IMG_5357.jpg

 世の中では、いろんな批評が飛び交っています。しかし、出場したみなさん、すべての学校はすばらしいです。その場に立てたことをどうぞ誇りに思ってください。

 そして、コンクールに挑戦したすべてのみなさん、すばらしいです。なぜなら、みなさんは、夢に向かって行動し、挑戦したからです。 いろんな生き方があります。でも僕は挑戦するみなさんを熱く応援します。 そしてぼくたちも、挑戦し続けます。そのことが、明るい未来をつくっていくことにつながっていくと思うからです。一緒に成長していきましょう。

  昨日・今日とぼくの心に熱き火をつけてくれたみなさんに感謝します。ありがとうございました。

nice!(5)  コメント(2) 
共通テーマ:moblog

第85回Nコン全国コンクール・小学校の部の感想 [合唱]

今、新宿のホテルにいます。熱きNコンを生で見て、興奮冷めやらぬ気分でいます。

IMG_5308.jpg

  NHKホールに入ると、身体が火照ってくるのがわかりました。野球少年が甲子園に憧れるように、僕にとってNHKホールは聖地なのです。

  座席は3階の末席でした。
  ステージが小さく見えました。
  去年、あの場所に立っていたなんて、ウソのようです。
  でも、会場にいるうちに、昨年の熱き思いがよみがえってきました。

  NHKホールは、やはり広いです。とてつもない広さです。
  しかし、出場校の子供達の声は、とんできました。
  特に1校目の出だしの第一声は、オオオと思いました。マイクも使わず、子供達だけの肉声で、ここまで響いてくることに、感動です。

  その後は、審査員になった気分で聞きました。
  やはり第一声が、とても大切だということがわかりました。その声を聞いて、後をどう聞こうかという気持ちが決まってきます。

  も大切なポイントです。
  自然な発声が大切だということが生で聞いていてよくわかりました。
  それは聞いていて、心地の良い発声。

  身体を使った無理のない発声。

  表現では、場面ごとに変化が感じられることが大切だということがわかりました。この場面では、何を伝えたいのかがわかる演奏。強弱などの表現がクリアに変化する演奏。
   そんな見事な演奏がいくつもありました。

   事前に金銀銅の予想をしました。
   銅の一校だけ外れました。
   でも、他は全部当たりました。
   それらの学校はすべて、先の3つが素晴しいと感じました。

   七生緑小学校、痒いところに手が届くような演奏でした。特に課題曲は、「そうそうそういう風に歌ってほしいんだ!!!!」って演奏でした。

   白金小学校は、これぞまさに合唱!!!合唱の王道をいくような演奏でした。全体が一つのストーリーのようでした。

   個人的にグググときたのが、沖縄の石嶺小学校でした。歌の中にチャレンジ精神を感じたのです。

  他の学校も甲乙つけがたいものでした。
  やはりホールで聞くのは勉強になります。

  良い演奏は、広いホールの空気を変えます。子供たちの声で、あの広い空間の空気を変えてしまうのですから、やはり合唱はすごいです。

  帰りがけ、後ろに座っていた若い女の方から。
去年出ていた先生ですね。
  と言われました。
はい。
  先生のところの歌声が一番好きでした。がんばってください。
と言われました。
  びっくりしたのと同時にうれしかったです。

  待っていてください。必ずまたあのステージに立ちます。

IMG_5313.jpg

  出場校のみなさんの歌声は、僕の心を熱くしてくれました。ここまで長い道のりだったと思います。出られなかった子どもたちの分も、熱き思いを込め、歌ってくれました。
   心からエールを送ります。
   ありがとうございました。

ps.言葉をやりすぎるあまり、音楽の流れが止まる演奏もありました。
審査員のこの講評、僕の今の課題でもあります。

新宿のホテルにて

 

nice!(4)  コメント(0) 

合唱団の未来 [合唱]

  今日は午前中、合唱団の未来のことについてずっと考えていました。

  将来的には、日本を代表する合唱団世界にはばたく合唱団にしたい!
 下は小学校1年生から、上は高校3年生まで、
 たくさんの団員たちが、暖かい家族のような合唱団に

 そんな妄想をどんどん膨らませていました。
 
 そう考えると、今何をしなくてはならないかが見えてきました。
 いずれ世界に!ということを考えると・・・。
 外国で、日本の歌を歌いたい。
 ラテン語の歌も歌えるようにしたい。
 
 暖かい家族のような・・・ということを考えると、 
 いろんな年令の子どもたちがつながりを持てるようにしていきたい。

 さっそく、行動に移しました。

 いずれ世界に・・・のために、
 今後、日本のわらべ歌を中心に練習していきます。
 また、ラテン語の歌も始めました。

 暖かい家族のようにするために、
 小さい子に対しての担当者を決めました。

 そして今日の練習では、そんな未来の夢をどんどん話しながら、練習をしました。
 
 今まではコンクールのための練習で、曲をこなすので精いっぱいでした。
 しかし、これからは、合唱団の未来や夢を語りながら、練習していきたいと思っています。
 未来が見えると、やっていることの大切さが見えてきます。
 なぜなら、未来は、今・今・今の先にあるからです。
 
 あきらめず強く願い行動し続ければ、夢は実現します

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

中学生の部 [合唱]

  今日は合唱団の中学生の部の練習でした。

 長い子になると、小学校二年生からのおつきあいになります。
 小さいときから学年が上がるにつれ、つき合い方が変わってきました。
 低中学年の頃は、どんどん側によってきました。
 中学生になった今は、つかず離れずといった感じかな。
 低い音や響きのある歌声を聞くと、あらためて中学生なんだなあと思います。

 でも、クセやしぐさなど昔と変わらない部分もあります。おもしろいです。

 以前は中学生とどう関わっていいのかわからないところもありましたが、合唱団の子どもたちとの付き合いの中で、なんとなく距離感が必要なのかなという感じを学んでいます。

 大人のようで、子ども。子どものようで大人。
 でも、どの子も合唱が好き一生懸命練習します
 そのつき合いの中で、自分の器も広げられているような感じがします
 彼ら彼女たちの歌の上達とともに、自分の成長も求められているようです。いやが上でも、勉強です。

 出会えたこと
 長くお付き合いさせていただいていることに、改めて感謝です。


 そんな中学生がこの夏、熱く取り組んだSuperflyのGIFTSが、アップされていました。内容はまさに中学生の世界です。よろしければご覧下さい。



良き青春時代が過ごせるようお手伝いしていきます。

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:学校