So-net無料ブログ作成

一人でも歌える子。 [合唱]

 合唱は、チームによる表現だと思っています。
 一人ひとりの素敵なところをつなぎ合わせたパッチワーク
 それが合唱だと僕は思っています。

 しかし、最近、一人でも歌える子を育てていくことが大切かな・・・と思うようになりました。
 もちろん一人一人、短いフレーズごとには、歌わせています。
 しかし、一人でも魅力的な声で歌えるようにしたいなあ
 そんなことを最近は考えています。

 それには、一人一人が憧れの先輩を持つこと。
 そしてそんなふうになりたい!!!と一人で練習することが大切。
 そんなことを、今日はお話しました。

 今美声の持ち主は、かつて憧れの先輩をもち、しょっちゅう一人で歌っていました。
 お風呂場でやかましいほど歌ってるんですよ。ってお話をよく聞きました。

 みんなで声を合わせることは大切です。
 でも、一人でも歌える
 そんな子どもたちを育てたいと思っています。

 なぜなら、人生も同じだからです。
 みんなで心を合わせることは大切
 でも、一人で楽しく生きていけることも大切

 そんなことを合唱練習を通して、今日は思いました。

nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

新体制の合唱団 [合唱]

  今日は合唱団の練習がありました。
今日から、合唱団は新しい体制でスタートしました。

以下の3つのクラスの誕生です。

J1クラス(小1~小3)・・・チェリー(若い女先生)
J2クラス(小4~小6)・・・アップル(僕)
ユースクラス(中学生)・・・メロン(前校長先生)

J1クラスの若い女先生は、音楽で成長して行きたいという志のある方。
そしてピアノが弾ける方。
初心者の子どもたちをお願いしました。
僕とベテラン合唱団員がフォローします。

J1クラス。ピアノを取り囲むようにして、小さな子どもたちが歌います。
今までのうちの合唱団にはない風景が展開しています。
ピアノを弾く先生と一緒に歌う小さな子どもたち
音楽教育の原点を見るような風景です。
合唱団に新しい風が入りました。

僕のクラスも、なんだか楽しかったです。
二部合唱に挑戦だ!!!!
僕も子どもたちと一緒に歌います。
合唱団創立当時の風景が展開していきました。

新体制の合唱団。
ワクワクおもしろいです。

nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

当たり前のことをきちんとやる [合唱]

  Nコンが終わり、次の目標は全日本の中部合唱コンクールです。
 この指導に関しては、前校長先生にお願いしました。

  今日はそのご指導からたくさんのことを学びました。

・語頭では、アタックが大切。
・言葉によっては、強調するところがある。
・強調とは、アタックし、母音を響かせること。

それらのことで、歌の面白みがグーンと増すのです。

  このことは、わかっているつもりでしたが、徹底していなかったような気がします。指導によって、どんどん歌声が変わっていく様子を目の当たりに見ることは、本当に学びになります。

当たり前のことを、いかにきちんとやるか。
その積み重ねが、いい音楽につながっていくのだと今日は感じました。

人生にも通じるところがあります。

地道にコツコツ。その積み重ねです。

nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

神さまが与えてくれた結果 [合唱]

 今回のコンクールでは、毎朝、神社に祈りました。

当日の朝には、
うちの町の神社
練習場を見守る神社
亡き父と母の墓前
で祈りました。
更に、坪口先生の形見のネクタイをつけて挑みました。
しかしこのような結果になりました。

2019-09-06_11-59-38_402.jpg

しかし、だからこそ、これは神さまが与えてくれた結果だと思います。

それはきっと、
このままではいけない。
もっと成長しなさい。
ということを僕に教えてくれたのです。

  今までの人生を振り返ると、挫折感のあとに、大きな成長が待っていました。
それは死に物狂いの努力をせざるを得ない状況になったからです。
だから、この結果を真摯に受け止め、成長していきます。

ある保護者からこんなメールをいただきました。

6年生は上級生のおかげで大きな挫折を知らずにきましたから、
今回は本当にいい経験ができたと思います。
そして、こうした山あり谷ありのドラマが、
このチームをまた魅力的にしてくれるのだろうなと。
心からありがとうございます。

涙が出そうでした。

しかし、泣いてばかりではいられません。これからが本当の勝負です。
僕がこれから、どう行動していくか。
まさに自分が神さまに試されている時です。

nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

Nコン東海北陸が終りました。 [合唱]

Nコン東海北陸が終りました。子どもたちは、今のベストの演奏ができたと思います。

結果は、奨励賞
入賞はできませんでした。
子どもたちは泣いていました。

image1.jpeg

子どもたちに言いました。
これはすべて先生の責任です。ごめんなさい。
しかし、みんなは、成長しました。
特に6年生は、すばらしいリードをしてくれました。
また一人一人集中力が伸びているのを感じました。

しかし、このままでは絶対終りません。
この悔しさを成長のエネルギーにしていきます。
そんな先生の姿を見ていてください。

今の小学生の子どもたちは、合唱団が上り調子の時に入団した子どもたちです。
そんな子どもたちの挫折感を次の成長のエネルギーにしていきます。
幸い次の挑戦のチャンスはあります。

最後に団長のこんな一言がありました。
「これは神さまが与えてくれたチャンスだと思っていきます。」

すばらしい一言で拍手が起きました。
そう、挫折や失敗は、成長のチャンスです。

僕自身、一から勉強しなおし、必ず成長して見せます。
絶対に負けません!!!!!

ネバーネバーネバーネバーギブアップです。

nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:学校