So-net無料ブログ作成

のど自慢大会 [授業]

 歌のテストをやっています。
 今回はどのクラスでも、一人一人うたってもらうことにしました。

 低学年では、抵抗がないものの、高学年になるにしたがって、大きな抵抗感があるようです。
 しかし、やったらやったです。終った後、おおいにほめます。

 そんなテストの後、3年生のあるクラスでこんなことをしてみました。
 今からのど自慢大会をします。教科書のどの曲でもいいです。一人で歌って見たい人?
 すると・・・
 なんと半分以上の子の手が上がります。

マイクを渡し、
  曲名・番号・名前・一言を言ってから歌ってください。
というと・・・
 のりのりで歌います。

 しまいには、見ている子どもたちが、NHKののど自慢大会のように、体を揺らし手拍子まで始めます。
 しだいに手をあげる子が多くなっています。 
 最後には、やりたい子が多すぎて、ジャンケンで勝った子が歌う子になりました。

 あ~~~、こういう乗りでやってしまえばいいのだなあ・・・
と思いました。

 やはり音楽は楽しいのです。

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

民謡クイズ [授業]

3学期、4年生の音楽では、
日本の音楽に親しもう
ということで、民謡を聴くことになっています。

教科書(教芸)の巻末には、「郷土の民謡」ということで、全国各地の民謡が写真で紹介されています。また付属のCDには、それらすべての音源があります。
そこで、民謡クイズというのをやってみました。

すると、これが子どもたちに好評でしたので、紹介します。

IMG_5748.jpg

やり方
1.子どもたちをチームに分ける。
 僕の場合は、6人×5班
2.民謡を聞かせ、どの民謡か班で当てる。
3.正解なら10点※班対抗戦

 たったこれだけのことです。しかし、子どもたちは大盛り上がりでした。

歌の中にヒントが隠されています。
写真と照らし合わせ、聞こえる楽器から推理できる場合もあります。

3学期の最初、お気楽で楽しい授業になると思い、記事にしました。

では皆さん、一週間おつかれさまでした。

今日のルーティンの結果
■奉仕活動
家庭内で トイレ掃除・・・〇
練習で  くつ揃え・・・〇
■ルーティン目標
私は朝一番にその日の計画をリストアップします・・・〇
私は練習計画を立てます・・・〇
私はランニングor筋トレをします・・・〇 筋トレ
私は、ストレッチ・鍵盤トレーニングをします・・・〇
私はありがとうを言います・・・〇
私は指揮練習をします・・・×
私はマスク・うがい・毒だしうがい・手洗いをします。・・・〇
私は歌声を聴き分析します・・・〇
私は振り返りをブログに書きます・・・〇
私はBrainDiskを聴きながら9時30分までに寝ます・・・これから

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

3年生の音楽が盛り上がっています [授業]

学期末になって3年生の音楽の授業が盛り上がっています。

教科書にパフという曲があります。


本来はリコーダーの教材ですが、二部合唱もしています。
これがとても上手なのです。

最近は、アカペラでやってみよう!!
と伴奏なしで歌ってみました。
すると・・・
上手くハモってしまうではありませんか

じゃあ振り付けをつけてやってみよう!!
とステップと手拍子をつけて歌ってみました。
すると・・・
これも大成功

これで、みんなはどこでも歌えるね!!

今度の土曜日、駅前集合!!
そこで歌いましょう!!!
え~~~?
冗談です。でも、そんなこともできるね。

今度の土曜日。東京ディズニーランドのシンデレラ城の前集合!!
そこで歌いましょう!!!
え~~~?
冗談です。でも、そんなこともできるね。

今度の土曜日。オーストリアのウィーンの広場に集合!!!
そこで歌いましょう。
え~~~?
冗談です。でも、そんなこともできるね。

アカペラで歌えると、そんなこともできるねってことをお話しました。

3年生の音楽の授業で、合唱の原点。
合唱の楽しさを味わっています。

PS.2人でハモれると「ゆず」みたいになれるかも・・・。とお話しました。すると・・・

廊下で2人で歌うパフの歌声がいくつも聞こえました。

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

歌のテストのシーズンです [授業]

歌のテストのシーズンです。

毎年いろんなやり方をやってきましたが、今年はこんな二通りのやり方でやっています。

1.一人一人歌ってもらう。
 出席順に、一人一人自分の場所で順番に歌ってもらいます。
 ただし、どんな声を出していても、温かい拍手。
 大切なのは、人的環境を保証することです。

  この方法のいい点は、
こんなに上手だったの!!
という子を新たに発見できることです。
 特に、今年は3年生で、すごい歌い手を何人も発見できました。
 もうヒーロー!!ヒロインです。

  しかし、恥ずかしくて小さな声でしか歌えない子もいます。
 でも、声を出したこと自体がすごいことです
 拍手!!

  歌えなくなる子もいます。でも、立っているだけで拍手です。

  拍手!!

 最後にみんなで大合唱します。
 不思議ですが、前よりも断然いい歌声になります。
 そしてみんな立って歌えたことを大いにほめます。

 恥ずかしい子もいるでしょうが、みんなの前で声をだすという体験は、心の殻を破ることができる良い体験だと思います。
 3,4年生は、この方法でやりました。
 この方法でも大丈夫だと判断したからです。

2.シール方式
 これは、みんなに歌ってもらい、僕が一人ひとりのそばを通り、歌声を聞きます。
 よい歌声の子の肩にシールを貼っていく方法です。

 歌声に応じて、1枚から3枚まで貼っています。
 後で、そのシールを何かの用紙に貼らせ、提出してもらいます。
 この場合は、全員で歌うので、時間がそんなにかかりません。
 また、一人ひとりの子どもたちのプレッシャーも少ないと思います。

 しかし、瞬間的に一人ひとりの子の声を聞き、判断する必要があります。
 だから、何曲も歌ってもらいます。

 これは高学年でよくやる方法です。
 思春期の入口に入り、みんなの前で声を出すのをいやがる場合、この方法をとります。

 ただ、その前に、
 一人で歌ってみようと思う人?
 と聞き、希望者には歌ってもらうことにしています。
そして、どんな歌声でも温かい拍手!!です。
人的環境を大切にすることは絶対条件です。

 さらに歌った子どもたちのことを大いにほめます。
 なぜなら、挑戦すること自体がすばらしいことだからです

歌のテスト。いろんな方法があると思いますが、今日は僕のやっている方法を書いて見ました。僕は、結構歌のテストが好きです。そんな子どもたちの歌声が好きだからです。

 明日・明後日と成績つけです。

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

学び、記録し、行動する [授業]

  今日の音楽の授業で、ひさびさの参観者がいました。
大学生で小学校に体験に来ている人です。※教育実習とは違うのです。

教師を本気で目指していますか?
と聞くと、
目指しています。
と答えます。

では、見終わってから、感想と質問をしてください。
そう言って、授業をしました。

 最近は、テンポとスピードを意識した授業をしています。
一時間の授業をユニットに区切り、どんどんと子どもたちが動き、歌う様子を見てもらいました。
 3年生の子どもたちです。素直にどんどん活動してくれます。
 一人で歌いたい子?と聞くと、なんと20人近くの子の手が上がり、最後はのど自慢のようになってしまいました。

感想を聞くと、
驚きました。というものでした。
こんな楽しそうに子どもたちが活動する音楽の授業を見たことがない
とも言いました。

どうやったら、こんなに活動的になるのですか?と質問されました。

今日はスピードとテンポを意識した授業を見せました。
繰り返し習熟する部分も見てもらいました。
これは、慣れれば、若い方でもできると思います。

あと担任の先生の学級経営がすばらしいからそれが音楽の授業に現れたということも言いました。

3年生とは言え、こんなに手があがり一人で歌えるというのは、学級経営の賜物です。

あと、教師修行時代のいろんな話をしました。

日本一と言われる先生の授業を見に行った話し。
まさに、全国行脚をしました。

授業を見て、驚いたり感動することは大切。
ただ、それだけで終っている人が多い。
さらに、それを記録にまとめること。
そしてまねできそうなことを実践すること。
この繰り返しが大切。

熱心に聴いてくれるので、そんな話をしました。

 僕の場合は、授業を見た後、必ずお礼のお手紙を書きました。そこに、感想と学んだことをまとめて書きました。そして必ず授業で実践してみました。
合唱指導も、そんな風にして会得していきました。

 これは、今も続いています。生き方に応用しているのです。
学び。記録し。行動する。その繰り返しです。

 若い人に授業を見てもらうのは、とても刺激になります。

 よどんだ水はやがて腐ってしまいます。流れる水のようなサイクルを自分の中でつくっていきます。それが変化と若さを生んでいくものだと思っています。

  これからも、学び、記録し、行動する。そのサイクルを続けていくことの大切さを自分の中で確認できました。

 

nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:学校