So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

歌のテストのシーズンです [授業]

歌のテストのシーズンです。

毎年いろんなやり方をやってきましたが、今年はこんな二通りのやり方でやっています。

1.一人一人歌ってもらう。
 出席順に、一人一人自分の場所で順番に歌ってもらいます。
 ただし、どんな声を出していても、温かい拍手。
 大切なのは、人的環境を保証することです。

  この方法のいい点は、
こんなに上手だったの!!
という子を新たに発見できることです。
 特に、今年は3年生で、すごい歌い手を何人も発見できました。
 もうヒーロー!!ヒロインです。

  しかし、恥ずかしくて小さな声でしか歌えない子もいます。
 でも、声を出したこと自体がすごいことです
 拍手!!

  歌えなくなる子もいます。でも、立っているだけで拍手です。

  拍手!!

 最後にみんなで大合唱します。
 不思議ですが、前よりも断然いい歌声になります。
 そしてみんな立って歌えたことを大いにほめます。

 恥ずかしい子もいるでしょうが、みんなの前で声をだすという体験は、心の殻を破ることができる良い体験だと思います。
 3,4年生は、この方法でやりました。
 この方法でも大丈夫だと判断したからです。

2.シール方式
 これは、みんなに歌ってもらい、僕が一人ひとりのそばを通り、歌声を聞きます。
 よい歌声の子の肩にシールを貼っていく方法です。

 歌声に応じて、1枚から3枚まで貼っています。
 後で、そのシールを何かの用紙に貼らせ、提出してもらいます。
 この場合は、全員で歌うので、時間がそんなにかかりません。
 また、一人ひとりの子どもたちのプレッシャーも少ないと思います。

 しかし、瞬間的に一人ひとりの子の声を聞き、判断する必要があります。
 だから、何曲も歌ってもらいます。

 これは高学年でよくやる方法です。
 思春期の入口に入り、みんなの前で声を出すのをいやがる場合、この方法をとります。

 ただ、その前に、
 一人で歌ってみようと思う人?
 と聞き、希望者には歌ってもらうことにしています。
そして、どんな歌声でも温かい拍手!!です。
人的環境を大切にすることは絶対条件です。

 さらに歌った子どもたちのことを大いにほめます。
 なぜなら、挑戦すること自体がすばらしいことだからです

歌のテスト。いろんな方法があると思いますが、今日は僕のやっている方法を書いて見ました。僕は、結構歌のテストが好きです。そんな子どもたちの歌声が好きだからです。

 明日・明後日と成績つけです。

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

学び、記録し、行動する [授業]

  今日の音楽の授業で、ひさびさの参観者がいました。
大学生で小学校に体験に来ている人です。※教育実習とは違うのです。

教師を本気で目指していますか?
と聞くと、
目指しています。
と答えます。

では、見終わってから、感想と質問をしてください。
そう言って、授業をしました。

 最近は、テンポとスピードを意識した授業をしています。
一時間の授業をユニットに区切り、どんどんと子どもたちが動き、歌う様子を見てもらいました。
 3年生の子どもたちです。素直にどんどん活動してくれます。
 一人で歌いたい子?と聞くと、なんと20人近くの子の手が上がり、最後はのど自慢のようになってしまいました。

感想を聞くと、
驚きました。というものでした。
こんな楽しそうに子どもたちが活動する音楽の授業を見たことがない
とも言いました。

どうやったら、こんなに活動的になるのですか?と質問されました。

今日はスピードとテンポを意識した授業を見せました。
繰り返し習熟する部分も見てもらいました。
これは、慣れれば、若い方でもできると思います。

あと担任の先生の学級経営がすばらしいからそれが音楽の授業に現れたということも言いました。

3年生とは言え、こんなに手があがり一人で歌えるというのは、学級経営の賜物です。

あと、教師修行時代のいろんな話をしました。

日本一と言われる先生の授業を見に行った話し。
まさに、全国行脚をしました。

授業を見て、驚いたり感動することは大切。
ただ、それだけで終っている人が多い。
さらに、それを記録にまとめること。
そしてまねできそうなことを実践すること。
この繰り返しが大切。

熱心に聴いてくれるので、そんな話をしました。

 僕の場合は、授業を見た後、必ずお礼のお手紙を書きました。そこに、感想と学んだことをまとめて書きました。そして必ず授業で実践してみました。
合唱指導も、そんな風にして会得していきました。

 これは、今も続いています。生き方に応用しているのです。
学び。記録し。行動する。その繰り返しです。

 若い人に授業を見てもらうのは、とても刺激になります。

 よどんだ水はやがて腐ってしまいます。流れる水のようなサイクルを自分の中でつくっていきます。それが変化と若さを生んでいくものだと思っています。

  これからも、学び、記録し、行動する。そのサイクルを続けていくことの大切さを自分の中で確認できました。

 

nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

最近、音楽の授業を変えました [授業]

  最近、音楽の授業をまじめバージョンに変更しました。
 1時間の授業をユニットに分け、スピードとテンポを重視した授業です。
 無駄なおしゃべりをする子がいるという担任の要請で、変化しました。

  無駄なおしゃべりは一切なくなりました。
 トントントンとテンポよく授業が進みます。
 超密度の濃い授業です。

  しかし、これはこれで、なんとなくいい感じなのです
 子どもたちはどう思っているのかはわかりませんが、他から見ると、整然として見えると思います。また、力もついていくと思います。
 間違いなく歌声はすばらしくなりました

  これがいいのかどうか、よくわかりません。
 しかし、毎時間、達成感はあります。
 何年経っても、行ったり来たりです。

  ただ、緊張させっぱなしでは、だめ。弛緩させっぱなしでもだめ。程よい緊張と弛緩。この変化が大切かもしない・・・ということを感じています。

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

何を一番大切にするか [授業]

  今日は一日、他の教科と同じスタンスの授業をやってみました。
 楽しさよりも規律を大事にする授業。

 授業の最初に、こう言ってから始めました。

先生はいろんな授業のやり方ができます。今日は普通に授業してみます。

いつもと違い、整然とした音楽の授業になりました。
ごくごく普通の音楽の授業です。
笑顔はありません。

子どもたちはきちんとしています。

歌声はいつも以上に、すばらしくなりました。

いつもおふざけ気味の子も、周りの雰囲気にあわせて真面目にやっています。
見栄えのいい授業です。
このパターンで今後続けていけば、すばらしい歌声になるでしょう。

子どもの適応力はすごいです。

さて、これがいいのかどうか・・・。
あとで子どもたちに聞いてみました。

いつもの方がいいという子どもたちが多数でした。
しかし、今日の方がいいという子もいました。

結局どちらでいっても、いいと思います。何を大切にするか・・・です。

教育にはいろんなやり方があると思います。

僕には楽しさを一番大切にする時代がありました。
力をつけることを一番大切にする時代もありました。

どちらがいいのか、今だに迷うところです。

しかし、一つ結果が出ていることがあります。
楽しさを一番大切にしていた時代の教え子たちが、今だに僕の授業を事細かく覚えていることです。笑顔でその当時のことを話してくれることです。

授業には、いろんなやり方があります。

結局、何を一番大切にするか
最後には、そこで決まるような気がします。

ps.更に広げると、生き方にもあてはまります。結局、何を一番大切にするか。それで、人生の質も決まってくるような気がします。

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

今の音楽の授業 [授業]

音楽の授業が変わってきました。

去年までは、美しい歌声である程度上手にうたえるような指導をしてきました。
しかし、今年は楽しさを一番にしています。
音楽を好きになってほしい。
音楽の楽しさを感じてほしい。
体験講座みたいな授業です。
いい発声のところをとりあげ、う~んとほめます。そしてそこだけを集中的に歌います。部分的ですが、すてきな発声になります。

同時に基本的な音楽記号も覚えさせています。
子どもたちは九九を喜んで暗記します。同じのりで音楽記号も暗記させているのです。
これがまたけっこう評判いいのです。
ピアノを習っている子しかわからなかったような記号を、ほとんどの子が、どんどん言えるようになってきています。なんだか自分の成長を感じるようです。

楽しさと成長。

 今の僕の音楽の授業で大切にしていることです。

nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

教科書に挑戦コーナー [授業]

  今年の音楽の授業は子どもたちに結構好評です。
 楽しいことを第一にし、いろいろと新しいことをしているからかもしれません。
 そんな中でうまくいったものを今日は紹介します。

教科書に挑戦コーナー
 リコーダーでは、検定カードを作り、毎時間10分ずつ一人一人の演奏を聞いています。一曲を4小節ずつに区切ったカードを持たせ、合格の子には、シールを貼っています。詳しくは、音楽が苦手でもできる楽しい授業!?その3「器楽のコーナー」を参照ください。 

 さて、全部合格してしまった子に対し、今年から始めたことがあります。
それは、教科書に挑戦コーナーです。

  子どもたちにこう言います。

 教科書のどの曲でもいいから練習してご覧。一列吹けるようになったら、検定します。

 最初は早い子のための時間調整のつもりでしたが、やってみるとどうでしょう。
教科書の楽譜にどんどん階名を書く姿が見られます。
わからない子は、友だちに教えてもらう姿も。
まさに協同学習・学び合いです。
そしてけっこう吹けるようになるのです。

好評なのが、4年生では「歌のにじ」「牧場の朝」
5年生では、「すてきな一歩」「威風堂々」
すべて上のメロディをリコーダーで吹いてしまうのです。
4,5年生ともに好評なのが「君が代」です。低いレやドの音があるのですが、一生懸命練習しています。

 ときどき教科書附属のCDをバックにリコーダーで吹きます。ピアノ伴奏じゃなくカラオケバージョンだと、バンドの一員になったようで、とても気持ちがいいです。中にはリコーダーを家に持ち帰って練習している子もいます。

 教え合いながらやる
 自発的にやる。
 ヒットしました。
 自分の中のネタが一つ増えました。

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

リコーダー。ちょっとしたブームです [授業]

  最近音楽の授業では、リコーダーがすごいです。

  今年はリコーダー検定を毎時間10分ずつ、確実に行っています。
 10分間、とにかくリコーダー練習をする。
 そして各学年の課題曲(リコーダー用の教科書の曲)を少しずつ全員検定しているのです。

 検定をすべて合格した子は、教科書の曲を何でもいいから練習するように言いました。
 これが子どもたちに火をつけました。

 君が代から始まり、4年生だったら、「いいことありそう」5年生だったら「すてきな一歩」や「威風堂々」。ありとあらゆる曲に挑戦しています。

 教科書に自分で階名を書き、ときには友だちから教わって書いています。
 そしてけっこう難しい曲も吹いてしまうのです。
 中には、休み時間、自主練をしている子もいます。

 リコーダーで吹かないような曲。人のやらない曲に挑戦というのは、おもしろいようです。めきめき上達しています。
 そんな子どもたちを見ていると、僕まで楽しくなってしまいます。

 今、リコーダー。ちょっとしたブームです。

nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

子どもが輝く歌の授業(眞鍋なな子先生)の本から学び実践したこと [授業]

  いろんな学年やいろんなクラスの授業を持っています。
 下は2年生から上は5年生までの音楽を持っています。

 下の学年ほど自分を出してくれます。
 油断すると大変なことになりますが、ノリノリになると、とっても楽しくなります。

 今日は、眞鍋先生の本の中から次の実践を真似してうまくいきました。


●全員でメロディーを覚える。
①半分の人数で4小節ずつ歌う。
②4人で4小節ずつ歌う。
③2人で4小節ずつ歌う。
④1人で4小節ずつ歌う。
サビの部分は全員で歌う。

  全体で歌いながら、子どもたちが一人で歌うことに慣れる環境をつくるようにしています。徐々に一人で歌うという学習の流れをつくり、流れの中で個の声を聴くようにしています。

  これは、僕に欠けている部分です。そこで・・・

2年生の、
かくれんぼ
3年生では、
春の小川

これをこんなふうにしました。

①半分の人数で一小節ずつ歌う。
②二列ごとに一小節ずつ歌う。
③一列ごとに一小節ずつ歌う。

さび
2年生の「まあだだよ」は全員で歌う。

すると、いつも以上に盛り上がりました。

2年生では、最後に
④1人で一小節ずつ歌う。
まで行きました。
これも大盛り上がり。
もっとやりたい!!の声のもとに音楽を終わりました。

2,3年生だからうまくいったことかもしれませんが、確かに一人で歌うことになれる環境をつくることは大切だと思いました。

新しいことに挑戦するとやはりいいいものです。
学び挑戦していきます。

PS.これって、国語の音読の授業ではよくやってきたことです。かつての国語の授業でやってきた様々な授業形態を取り入れていきます。

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

歌う力を育てる! 歌唱の授業づくりアイデア (丸山久代先生)の本から学んだこと [授業]

 最近、音楽の授業のやり方を勉強しなおそうと思っています。
 僕の授業のやり方が、子どもたちに合わなくなってきているのを感じているからです。そこで、本を読んだり、昔受けた合唱講習会の音声を聞きなおしています。

 今日は、そんな読んだ本の中から、僕が線を引いたところを書き出したいと思っています。

読んだだけでは力になりません。
それを発信すること
そして実行し、検証する。それで初めて力になると思っているからです。

 今日は、大尊敬している丸山久代先生の本の中から僕が線を引いたところを紹介します。


歌う力を育てる! 歌唱の授業づくりアイデア (音楽指導ブック)

歌う力を育てる! 歌唱の授業づくりアイデア (音楽指導ブック)

  • 作者: 丸山 久代
  • 出版社/メーカー: 音楽之友社
  • 発売日: 2017/03/28
  • メディア: 単行本
 子どもたちが心を開き、みんなで歌える環境ができた頃、歌声を少しずつつくっていきましょう。
 まずは歌える環境が大切だと僕も思います。でも、ついつい歌声をつくりたくなってしまいます。歌声をいつ作っていくのか。あせらずに少しずつやっていきたいと思います。
 私は「自然で無理のない、響きのある歌い方」を「自然で無理のない歌声、プラス、子どものもつのびやかな歌声」として考えています。   それは弱々しい声ではないはずです。美しさだけを追求しすぎず、早いうちから剪定してしまうことのない、あくまでも子供のもつエネルギーを大切にした歌声を目指したいと思います。

 これは、肝に銘じておく必要を感じます。美しい声を教えると弱々しくなってしまいます。でも、違うのです。まずどんどん声を出せることが先、出せる環境が先。「子供のもつエネルギーを大切にした歌声」本当にそうありたいです。でもこのへんが難しいところです。

低学年の指導 模唱をたくさん取り入れましょう。つまり模倣の技を磨くこと。交互唱が効果的です。

 今年は2年生の音楽を持っています。みんな意欲はあるのですが、なかなか難しい。交互唱を突破口にしていきます。

中学年では、
すべて指示通りではなく、ベースの部分を指導した上で、自由に工夫でいる部分を残してあげることが大切です。

 これが僕の苦手な部分です。でも子どもたちに自由に工夫できる部分を入れていきます。

 2人組で「リズムを手拍子で」リコーダーで「息の量を工夫してシの音のピッチを合わせる」歌唱もペアや小グループで取り組む

 時間がない中、ついつい全体指導ばかりになっています。二人組グループでの指導を取り入れていきます。

楽曲分析のポイント
①言葉とメロディーのかかわり
②歌とピアノ伴奏のかかわり
③和音や和声、調の変化
④音楽的なエネルギーの移り変わり
⑤テンポや強弱
⑥詩の内容と言葉のニュアンス
⑦音楽がどこに向かって進んでいるのか、音楽の到達点

曲を分析するとき、大切なことばかりです。
教科書教材をここまで分析していません。
一つでも多くこの視点で見ていきたいです。

初任のとき、先輩が「若いだけで子どもはついてくる。今はいい。でも若くなくなったとき、力がついていないと誰もついてこないぞ!」と言ってくれました。今、その意味がよくわかります。

これは、本当に良くわかります。
力がついていないと子どもたちはついてきません。
だから、勉強です。

時代が変化し、子どもたちも変わってきました。
しかし旧態依然とした指導ではいけないのです。
目の前の子どもたちにあった授業。それを作っていくことでまた、成長していけるものだと思っています。

 他にもなるほど~~と思ったところは山ほどありました。しかし今の僕の心にひっかかったところだけを書き出してみました。

 丸山先生は、僕のあこがれの人です。合唱を始めた当初、いろんな講習会の追っかけをしていました。そこからたくさんのことを学びました。
 一番の学びは、常に工夫し努力している先生の姿勢です。

 あんなすごい先生でも努力してるんだから、僕はもっともっと努力しないといけないと思います。

 必ず変化していきます。

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

一夜あけて時が過ぎると・・・ [授業]

 今日は、現任校の学校公開でした。
 本当にたくさんの保護者の方が来られていました。廊下はさながらお祭りのような混み具合でした。

  僕は2限~4限まで3時間、授業を公開しました。
 二時間目は、4年生の音楽の授業でした。
 運動会や図工の締め切りのためにしばらく音楽の授業が中断していたのですが、子どもたちがんばって歌ってくれました。

  僕の場合、公開での音楽の授業は、さながらコンサートのようにします。今まで歌った曲を一気に披露するのです。

   今日歌ったのは、

三部のハーモニー練習
歌のにじ
牧場の朝
とんび
もみじ
ふるさと

  歌うたびに拍手が起きました。※僕も拍手を促すポーズをしたのですが。
時折、参観者の客さんに声をかけたり、質問したり・・・
もうコンサートの乗りでした。

 最後は教室を真っ暗にし、ミラーボールで光り輝く音楽室にしました。
そこで歌ったのが、ふるさとの二部合唱。
みんな笑顔でした。楽しかったなあ。

 3,4限は、なんと2年生の図工の授業公開。
授業公開はたくさんしてきたけど、図工は初めてでした。
絵の具を使って花を描く授業でした。
そんな授業でしたが、参観者のみなさんは、温かい目で見てくださっていました。

時折、「図工でごめんなさいね。」と声をかける僕。
いやー、おもしろいですよ。と気を使ってご返事を返してくださいました。

これもなんだか初体験でおもしろかったです。

 実は今日は、朝から謝罪覚悟で出勤しました。
 しかし、いくら時が過ぎても、謝罪するような出来事は起こりませんでした。
 まだ油断はできませんが、まんざらこの世も捨てたものではないなあと思いました。

 昨晩は暗闇の世界にいましたが、一夜あけて時が過ぎると、そこは青空でした。

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:学校