So-net無料ブログ作成

「学力」の経済学 [本]

「学力」の経済学

「学力」の経済学

  • 作者: 中室 牧子
  • 出版社/メーカー: ディスカヴァー・トゥエンティワン
  • 発売日: 2015/06/18
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

教育というと、誰もが議論でき、また意見を持っています。
それは、みんな教育を受けてきた人たちだから。
しかし、それは自分の主観であり、統計データに基づいたものではありません。

「子どもはほめて育てるべき?」
「勉強させるためにご褒美で釣るのっていけない?」
 個人の経験で語られてきた教育に、科学的根拠が決着をつける!

本書では、
・ほめ育てはしては「いけない」
・ご褒美で釣っても「よい」
とありました。

読むと納得です。

僕が学んだのは、「ほめる」ことです。
ほめ育ては「いけない」とありますが、
正確には、
結果ではなく過程を褒める
なぜなら、結果のみをほめていると、成果を達成できない時、ごまかしたり、あきらめたりする。
しかし、がんばっている過程をほめることは、努力することを評価することになり、がんばれる子どもに育つ。
 なるほどなあと思います。

 最近の若者は、変な自信があるけど、打たれ弱いということを、耳にしました。
 これは、結果のみをほめる、間違ったほめ育てが原因なのかもしれないなあ・・・と思いました。

 また学力テストなど点数で評価する認知能力よりも、非認知能力の方が重要ということも心に残りました。

 非認知的能力とは、例えば、目標に向かって頑張る力、他の人とうまく関わる力、感情をコントロールする力などです。
これらがあることで、将来の年収や犯罪率等に差が出るとのこと。

考えると、これは合唱を通して身につけることが可能な力かもしれません。
目標に向かって頑張る力・・・コンクールへの挑戦を通して、その力が必要とされます。
他の人とうまく関わる力・・・音楽を通して、人とうまく関わる力を身につける必要にせまられます。
感情をコントロールする力・・・音楽を表現していくために、自分の感情をコントロールしていく必要があります。

 以前、ほめる指導についての記事を書きましたが、ほめることに関して新たな学びがありましたので、記事にしました。

PS.教育に関しては、意見が分かれるところです。そんな分野の様々なことを科学的根拠や統計データに基づいて書いてあり、おもしろかったです。

nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:学校