So-net無料ブログ作成

いよっ!弁慶をみました。 [幸せに生きる]

昨晩、いよっ!弁慶をみました。

HPあらすじより

舞台は石川県小松市。
 「勧進帳」の舞台となった「安宅の関」や、江戸時代から250年以上にわたって続く「子供歌舞伎」で知られる歌舞伎と深い関わりを持つ町。
ことしも「子供歌舞伎」の季節がやってきて、町をあげてのお祭りムードが高まる中、歌舞伎の稽古をつける師匠が突然倒れるというハプニング!
町にとっては年に一度の大舞台。
 上演中止に追い込まれたかと思ったそのとき、謎の男が現れて…。


 僕の家はBSが見れないので、昨晩初めて見ました。

良かった!!!!!

 まず地元小松市のドラマ。知っている場所がたくさん出てきました。
これがうれしい。

 役者さんの演技が良かった。
特に、小松弁がうまいな~~~と思った役者さんがいました。
鹿賀丈史さんです。
略歴を見てみると・・・
石川県出身の方でした。しかもあの合唱の名門、二水高校で合唱をやっていたということ。光っていました。また主役の弁慶役の子。まわりを固める役者さんも味のある方ばかりでした。

そしてストーリーが良かった。
現代版の勧進帳。ネタバレになるので詳しく書きませんが、思わず涙してしまいました。

小松市という舞台役者さん・ストーリーの三つが、すばらしいハーモニーを奏でていました。

小松市を舞台に、すばらしいドラマが作られたなあとうれしく思いました。

今度は全国放送で再放送されないかなあと願っています。

今、そのドラマの舞台お旅祭りの真っ最中。

数々のドラマが、小松から世界へ発信です。

nice!(5)  コメント(2) 
共通テーマ:学校