So-net無料ブログ作成

逆境だからこそ [合唱]

  今日の練習は、体育館をメインにしました。

  熱中症に注意してはいましたが、暑い中、いつもより大変な状況です。
 子どもたちもバテバテでした。
 また、体育館は、音楽室に比べ、声が響きません。まるで音が吸い取られるようです。

 そんな時に、僕がお話したことです。

この状況でベストを出せれば、大会ではベストを出せる。
逆に良い状況でベストを出せたとしても、大会でベストを出せるとは限らない。

  これは今までの体験から言えることです。
 冷房の効いた響きのある良い条件の中にいても、伸びは小さいのです。
 響きのない場所での練習の方が、うーんと伸びていきます。

 以前の僕は、不運な状況があると、嘆いていたものです。
 でも今は違います。不運だからこそ、チャンス。
 ピンチこそチャンスだと思います。

 だから、あえて厳しい状況の中での練習なのです。

 人間というものは、楽な環境に身を置いている間は決して成長しません。自分の能力を遙かに超えることを求められる環境に身を置いた時に、初めて人間は成長していく イエローハット創業者・鍵山秀三郎

 合唱でも、それは言えることです。また、人生の中でもそうだと思います。

nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:学校