So-net無料ブログ作成

気配り [合唱]

  今日は、合唱団の団長・副団に、こんな注意をしました。

  もっと下の学年に気配りをしなさい。

  早くから練習に来て待っている小さい子を、ずっと放っておいていたからです。
 一言、声をかけてほしい。
 一言、何かしてほしかった。
 何でもいいから、気をかけてほしかったのです。
 リーダーには、そんな気配りが必要だと思っているからです。

  さて、その後、自分はどうだろう?と思いました。
 子どもたちにちゃんと気を配っているだろうか?
 やって当然だと思っていないだろうか?
 団長副団に言った注意は、自分自身にも言えることだと思いました。

  やって当然。
 がんばっていても知らん顔。
 それでは、下の人間はやる気がでません。

  がんばっていることをきちんと見ること
 声をかけること。
 そんな気配りが自分にも必要だと感じました。
 がんばっている人をきちんと見られる広い目を持ちたい。
 声をかけられる広い心を持ちたい。

  広く気持ちを配れること。それが気配りです。
 これからは、広く子どもたちをみて、がんばっている子どもたちに声をかけていきます!!

 今日の練習で思ったことです。

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:学校