So-net無料ブログ作成

主体的なほうが楽しい!! [幸せに生きる]

  昨日は、風と緑の楽都音楽祭に出ましたが、本当に楽しかったです。
改めて思うことがあります。それは、

  聞くよりも、出るほうが楽しい

  ただお客さんとして聞くよりも、出る方が圧倒的に楽しいのです。

IMG_4764.jpgIMG_4786.jpg

 同じことがマラソンでも言えます。
 見るよりも、出るほうが楽しい
 路上で見ているよりも、実際に走っているほうが楽しいのです。

 しかし、聞くことが楽しい場合があります。それは、その音楽を聞きたい!!と自分から求めて聞いた場合です。
 僕の場合は、Smileや福井ソアーべ児童合唱団、名古屋少年少女合唱団のコンサート。古くは、浜田省吾やチューリップのコンサート。どれもすっごく感動しました。

 これは、受身でいるよりも、積極的に行動するほうが楽しいということではないかと思います。

  そこには、主体的な自分がいます。
 やらされるのではなく、主体的に行動する。その方が楽しい!!
 人生も同じです。

 昨日の余韻に浸りながら、そんなことを思いました。

nice!(3)  コメント(0) 

風と緑の風都音楽祭2018が終りました [合唱]

  今年度の合唱団デビュー。風と緑の風都音楽祭2018が終りました。
 金沢の街はたたくさんのミュージシャンが集い、いたるところで音楽が流れていました。まさに音楽のお祭り。本当に楽しかったです。

 石川県立音楽堂 交流ホール。久々に広い場所で歌いました。

Picture1.jpg

子どもたち、今回でデビューの3年生を初めとし、本当によくがんばりました。また、中学生の部の団員たちが新しいユニフォームで歌ったこともうれしかったことです。

vs180504-001.jpg
 しかし、いくつかの問題も発見できました。
それは、目線が下がり声を遠くへ飛ばそうという意識がなくなっていること
公民館という狭い場所で練習しているからこそ生じた問題点です。

 しかし、これから何をしなくてはいけないかが見えてきました。
僕たちは声の響きを大切にする発声です。だからこそ、身体を使って息に声を乗せ、遠くへ飛ばすイメージの発声をしなくてはいけないということがわかりました。子どもたち自身は、見せるためのプロ意識が足りないことも感じたようです。

 なんと「希空」の全体合唱のとき、大好きな連続テレビ小説「まれ」に出演していた田中泯さんが来てくれました。うれしかったです。

vs180504-002.jpg

 役の上では塩職人「桶作元治」でした。当時、地道にコツコツと塩作りを行う姿から、たくさんのことを学びました。合唱練習でも地道にコツコツが合言葉でした。そのおかげでしょうか、その年Nコン県大会で、9回目にして初の金賞をいただくことができました。ぼくたちまさに「まれ」のおかげで成長することができたのです。

2054265_201506130104009001434166591c.jpg
 その後、もてなしドーム地下広場で行ったエリアイベントが楽しかったです。
 広場の横は人の通り道でした。やがやした雰囲気でしたが、たくさんの保護者の見守る中ホームグラウンドにいるようでした。
 ここでの子どもたちの声はすごくのびのびとし飛んでいました。指揮をしていても気持ちよかったです。やり切った感がありました。

28095.jpg

 金沢の駅前は、音楽のお祭り一色でした。

IMG_4800.jpg
 ここを日本のウィーンに
 世界のミュージシャンが集う金沢の街でオーストリアが舞台のサウンドオブミュージックを歌いました。
 
 いつか子どもたちと本当のオーストリアの大聖堂で歌うこと
 オーストリアの街中で、ドレミの歌やエーデルワイス、そして日本の歌を歌うことが、僕の夢です。今日、それが、僕の中でよりリアルになりました。おそらくいつか現実になるでしょう。

 子どもたちは世界への第一歩を歩みました。
 合唱団にとって歴史的な一日でした。

nice!(4)  コメント(0)