So-net無料ブログ作成

プロ意識 [幸せに生きる]

 福井ソアーべ児童合唱団の坪口純朗先生は、50才で教師をやめて、0から児童合唱団を始めました。そして30年も合唱団を続けました。
 教師をやめ身一つ、声楽指導で全国を回っておられる先生もいます。

 いずれも、自分の実力で生きておられます。

 ふたりに共通して言えること。それはプロ意識だと思います。

 いかに生徒さんが満足するか。
 いかに生徒さんに楽しんでもらえるか。

 最近、僕にそのプロ意識が欠けていることに気づきました。
 教師という立場にあぐらをかいていたような気がします。

 学校は、放っておいても子どもたちが来てくれます。

 でも、先の2人は評判がよくないと子どもたちは来てくれません。

 だから僕も決めました
 プロ意識を持って授業に挑みます

 来た子どもたちが、満足するような
 楽しめるような授業をつくっていきます。

 一時間一時間が勝負です

  僕が教師という立場を離れても子どもたちが来てくれるような呼んでもらえるようなそんな人になります。

 それが僕自身をより成長させるものだと思っています。

 まだまだ成長します!!

ps.今だに失敗だらけです。でも、成長したといえることは、その失敗に気づくこと。そしてそれを成長への糧にしようと思えること。


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:学校