So-net無料ブログ作成

選ぶこと。決断すること。挑戦すること。 [合唱]

  今回の全国大会では、たくさんの決断が必要とされました。
 たくさんの選択肢の中、どれかを選ぶ必要がありました。
 何かを選ぶということは、何かを捨てるということ。
 やるか、やらないか。

 その時、ひとつの基準を設けました。
 それを選ぶことで、良くなるか

 たとえば、振り付け。
 それをやることで、歌が良くなるか。

 たとえば、食事の場所。
 決めることで、コンディションが良くなるか。

 たとえば練習方法。
 その練習をすることで、良くなるか。

 本選が決まった段階で、更に山のようにたくさんのやるべきことが押し寄せてきました。
 たとえば、
・翌日の昼食のこと。
・保護者のチケットのこと。
・練習スケジュール。
・各種書類。
・子どもたちへの指導。

 その中で、何を選ぶのか。

 もっとも大切なことは、子どもたちの歌を良くすること
 僕は、子どもたちがベストの歌が歌えるよう、楽譜を分析したり、何を指導するのかということを一番に選びました。
 だからその他のことは、保護者のみなさんや前校長先生にお願いしました。

 今回の全国大会を通して、僕は選ぶことの大切さを学びました。
 何かを選ぶことで、それは虫めがねのように焦点化されます。
 すると自分の中で迷いがなくなります。

 選んで行ったことがいいのかわるいのかはわかりません。
 しかし迷いのない指導ができました。
 いろいろと問題があったかもしれません。 
 何を選んだとしても言う人は言います。

 しかしやると決断したら、やる。とことんやる!!
 やらずに後悔したくない。だから決断したら、とことん挑戦する。

 選ぶこと。決断すること。挑戦すること。
 この大会で学んだことです。

nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:学校