So-net無料ブログ作成

たくさんのレンガを積み重ねました [合唱]

  今日は朝から、す~~~っごくがんばって書類を作ったりメール連絡したりして、たくさんの事務仕事をしました。

 やったのは、
声楽アンサンブルコンテスト全国大会のお仕事。
定期演奏会のお仕事
合宿関係のお仕事。

 いずれも膨大な事務仕事があります。

 朝起きてから今まで、ずっとやり続けました。
 メールだけでも、何十通とやり取りしました。
 おかげでずいぶんはかどりました。

 これら3つの大きなイベント。たくさんの方のお力が必要です。
 一斉メールをすると、たくさんの方が快く協力を申し出てくださいました。
 その度に、うれしい思いでメールを返しました。

 ず~~~っとお仕事の一日でしたが、晴れ晴れとした気持ちで寝ることができます。

さて、今日のような一日を過ごすと、三人のレンガ職人のお話を思い出します。

 

 中世のヨーロッパで、旅人がある街を歩いていると、汗を流してレンガを積んでいる3人の職人に会いました。

旅人は、「何をしているのですか?」と尋ねました。

1人目は、
 「見ればわかるだろう。親方の命令で“レンガ”を積んでいるんだよ。大変だからもうこりごりだよ」と面倒臭そうに答えました。

2人目は、
 「レンガを積んで“壁”を作っているんだ。この仕事は大変だが、賃金が良いからやっているんだ。」と。

3人目は、
 「レンガを積んで、完成まで100年以上かかる“教会の大聖堂”を造っているんだ。完成したら多くの人が喜ぶだろう。こんな仕事に就けてとても光栄だよ」と。

 僕は3人目のような気持ちで、一つ一つのレンガ(お仕事)を積み重ねていたのです。
 多くの人が喜ぶ姿を夢見て。

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:学校