So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

卒団生のプレゼントづくり [合唱]

  今、卒団生のプレゼント作りが終りました。
 中に何が入っているかは、内緒です。

IMG_4536.jpg
 今年は17人も卒団生がいます。
 史上最大の人数です。
 それだけ思い入れの大きい学年でもあります。

  一人一人のことを考えながら、ラッピングしていきました。
 定期演奏会の映像を見ながら、やっていきました。
 どんどん年を遡っていきました。
 一年ごとに、今の6年生が、だんだん小さくなっていきました。
 作業が終る頃には、4年前の定期演奏会を見終わっていました。
 今の6年生が2年生の姿で歌っています。

DSC_1560-0ce35.jpg

 最前列の小さな子どもたちが、今の6年生です。
 同じ顔なのに、幼く小さいのです。
 改めて、長いお付き合いだなあと思いました。
 そんな子どもたちの成長を見ることができる僕は幸せ者だなあと思いました。

 子どもたちが輝くステージが、今週の土曜日に迫りました。
 定期演奏会まで、あと3日です。

第9回定期演奏会ポスター.jpg

nice!(3)  コメント(0) 

少しずつ少しずつ変わってきました [幸せに生きる]

  今日、現任校で6年生を送る会が行われました。
 隣にいた保護者の方から、こんなことを言われました。

先生が来てから歌声が変わりましたね。
 心からうれしかったです。

 6年生は三部合唱に挑戦しました。
 大雪のため指導時間が削られました。
 僕が学年で指導できた時間は、1時間+朝練3回。
 それでも子どもたちは三部合唱をやり遂げました。
 これもうれしかったです。

 あとで涙が出ました。という声も聞きました。

 少しずつ少しずつ変わってきました
 もう少しで、です。

nice!(3)  コメント(0) 

学校で聞いた良いお話 [幸せに生きる]

 今日学校で、とても良いお話を聞いたので紹介します。

ちょっとしたわざわざ
 今年の大雪では、わが町防犯隊のみなさんが、朝に夕にたくさんの方が立っていてくださいました。僕たちはとてもその姿にとても感動していたのです。

  しかし、それは僕たち職員が、朝に夕に子どもたちの元へ行き、集団登下校に付き添い、除雪する姿をご覧になって、自ら立っておられたとの事。
 そんなお話しを聞いて、また感動しました。

  そこで出た言葉が、ちょっとしたわざわざ
 ちょっとしたわざわざ(行動)。
 百の言葉より行動だと思いました。
 それが、相互の連携や信頼関係を生むのだと思いました。

そして、こんな言葉。
4月は希望をもって始まり
3月は感動をもって終わる

 いい言葉でしょ。

 合唱団活動でも、そうありたいと思いました。

nice!(4)  コメント(0) 

合宿がおわりました! [合唱]

  合宿がとうとう終りました。
 今帰ってきてホッとしているところです。

 今回の合宿のめあてはズバリ以下の二つ。

①定期演奏会の練習。
②宿泊訓練

①定期演奏会の練習
 一週間後の本番に備え、いい練習ができました。
 一日目、午前午後をかけて、練習が必要な曲をやりながら、一通りプログラムをこなしました。
 二日目の午前で、もう一回、通しました。
 午後は、ピアニストの先生にも来ていただき、本番をイメージしてやりました。
 合計3回通せたわけです。

 本当に歌ってばかりでした。でも、休み時間でも音楽がなると子どもたちは歌っていました。つくづく歌が好きなんだなあと思いました。

IMG_4535.jpg

②宿泊訓練
 今まで泊を伴う大会に何度も行きました。その度に、様々なトラブルがありました。
 部屋内での問題。
 眠らない問題。
 眠れない問題。

 その結果、大会当日には、体調を悪くするお子さんもいました。
 過去のその失敗をなんとかクリアしたいと思っていました。
 そこで、このめあてを持ったわけです。

 そのために、今年は部屋ごとに保護者の方に同室していただきました。
 僕自身も、そのめあてを子どもたちと何度も確認しました。

 僕自身、かつてないほどよく熟睡できました。
 子どもたちも、二日目、誰一人不調を訴えることなく歌い続けていました。この体験を次の大会に生かしたいです。

 また、いくつかの問題も起きました。でもそれは次に生かせる問題です。

 子どもたちの熱烈な希望で、昨年から始めましたが、やってみると、けっこうビックな行事です。でも、子どもたちにとっては良い体験ができたのではないかと思います。今後に生きる体験成長につながる体験です。学校では失われつつある体験が、合唱団活動を通してできるような気がしています。

 これもたくさんの保護者のみなさん、そして前校長先生(ずっと一緒にいてくださりました)ピアニストの先生、たくさんの方々のおかげです。心から感謝です。

 定期演奏会、一週間後に迫りました。

nice!(2)  コメント(0) 

合宿1日目終了 [合唱]

 今、合宿1日目のすべてのことが終了し、就寝を迎えました。 今回の合宿の目当ては、ずばり二つ。

定期演奏会の練習宿泊練習

  これから宿泊を伴う全国大会を迎えます。そこできちんと睡眠をとり、ベストの歌が歌えるような練習を兼ねています。 だから靴の揃え方。 練習態度など、細かいこともタークさん言っています。

  でも、それがいい歌を歌うこと。そして人としての成長することにつながっていくものと思っています。 さあ、ぼくも寝ます。

nice!(2)  コメント(0) 

深呼吸 [幸せに生きる]

 今日は、2年生の紙版画の印刷でした。
 出授業でのこのような内容の授業はハードです。

  2年生だと話を聞けません。
 また図工室という違う環境もそれに拍車をかけます。

 そして今日は二時間目が、他の学年と図工室がブッキングしていることがわかりました。
 幸いなことに、4、5限と昼休みを挟んだ授業だったので、急いで印刷中の紙版画やローラーなどを理科室に移動しました。

  さあ、5限目が始まると、どうでしょう。
 場所が変わり、さらに話を聞けない状況になりました。

 うるさい!!

  ひさびさに大きな声を出しました。
 しかし静かになるのは、一瞬のこと。
 また、元に戻ります。
 更に話が聞けてないので、一人ひとりが同じようなことを次々と聞いてきます。

  そこで僕は、意識してあることを始めました。


 深呼吸です。

 そして一人ひとりの質問をあえて聞かない。
 全員がすわり静かになるまで、深呼吸をしながら待ちました。

 静かになったところで、指示を伝えました。
 その頃は片付けに入るときです。

  インクローラーを洗う場所。
 作品を片付ける場所。
 新聞紙を片付けること。
 残った人は、インクでよごれた所を雑巾で拭くこと。

  それらを短い指示で伝え、確認し、動いてもらいました。

  その後も深呼吸をしながら、まず僕が率先して動きます。
 既に指示したことに対する質問は一切受け付けず、
 深呼吸をしながら、どんどん指名して指示を出しました。

 墨で汚れぐちゃぐちゃだった理科室が、時間内にきれいになりました。

 今回本当に勉強になりました。

  それは深呼吸の威力です。
 深呼吸は自分の感情を抑え、冷静にしてくれました
 自分の感情をコントロールできたのです。

  今日はある意味、パニック的な状況でした。
 でも、そんな時は深呼吸をすればいいことがわかりました。

  普段の生活でも、パニック的な状況は起こります。
 今後、応用できそうです。

nice!(2)  コメント(0) 

ゴールをイメージする [合唱]

ゴールをイメージすると、今何をすべきかが見えてきます。

やることは山ほどあるけど、
ゴールをイメージすると、今大切なことは何かが見えてきます。

 6年生を送る会では、6年生が3部合唱に挑戦しています。しかし大雪のため、練習時間が大幅にカットされました。
発表は来週の火曜日です。
ゴールをイメージすると、残された時間で、楽譜上のどこにどう時間をつかったらいいかが見えてきます。

 合唱団でも、定期演奏会に向けての練習が大雪のため、大幅にカットされました。
ゴールをイメージすると、残された時間で何をしたらいいかが見えてきます。

 ある部分に集中して力を入れ、ある部分はカットする。
何かに集中するということは、何かを捨てるということです
その潔さが必要です。

 そのためには、何が一番大切なことかを常に頭に置いておく必要があります。
それを理念とか目的とか言うのでしょう。

 常にゴールをイメージすること。
 そのことが、限界を突破する方法だと思っています。

nice!(2)  コメント(0) 

前へ進むチャンスへ [名言]

悲観主義者は風にうらみを言う。楽観主義者は風が変わるのを待つ。
現実主義者は、帆を動かす。ウィリアム・アーサー・ウォード

  人は同じ環境にいながら、それぞれ幸せだあったり、不幸であったりします。
それは、その人の反応の仕方次第だということが、この名言からわかります。

  日々いろんなことが起きますが、すべてをチャンスに変えて行きたいものです。

  不安なことも正直あります。
 でも、いろんな方向から考えることで、きっと良かったことに変えられるはず。
 前へ進むチャンスに変えていきます。

nice!(3)  コメント(0) 

羽生結弦選手から学んだこと [合唱]

 フィギアスケート金メダリスト羽生結弦選手の今回の劇的な金メダルには、学ぶことが多くありました。

  金メダルを絶対にとるという強い気持ちをいたるところで感じました。

それは言葉の中に。
圧倒的に・・
絶対に・・
前人未到の・・

さらに動作、態度、表情です。
もう「金メダル連覇を成し遂げた」という態度と表情をつくっていました。

http___o_aolcdn_com_hss_storage_midas_9fefb9dba72a2cfa5a9bc2203a5eef82_206135497_RTX4XE03.jpg

 さらに、大ケガをして満足に練習ができないという悪条件がありました。
しかしそれが良かったと言っています。
イメージトレーニングを徹底して行ったということも。

 強い思い何事もプラスに変換する意識。そしてイメージの大切さを改めて感じました。

 僕たちも、大雪やインフルで練習が欠けたり、練習が十分にできなかったりと悪条件はたくさんあります。
だから無理ではなく。
だけど成功する!!
絶対成功する!!!!

 さらに、インタビューでは、感謝の言葉、被災地への思いを語っていました。そんな羽生結弦選手から、学ぶことはたくさんあります。

 僕たちも学んでいきます。 

nice!(3)  コメント(0) 

大切なことに集中します [合唱]

  合唱団関係のことで今、やることが山ほどあります。

スタッフの問題。
資金面の問題。
必要な物品の問題。
 そんな細々した仕事を一つ一つこなしています。
 あれも大事。
 これも大切。

 しかし、前校長先生との電話での会話が大切なことを教えてくれました。

歌のほうはどう?

 そうなのです。一番大切なのは、歌の方なのです。

 オリンピックに例えると、
選手の日程の問題。
スタッフの問題。
資金面の問題他

それこそ細々したことが山ほどあるでしょう。

でも、一番大切なのは、

競技のほうはどう?

これに尽きます。

 「木を見て森を見ず」という言葉ありますが、木を見てるから、一つ一つが気になります。
 だから、ある程度で見切り、森を見ます。

 大切なことに集中します。

nice!(3)  コメント(0)