So-net無料ブログ作成

失敗こそ、成長のチャンス [合唱]

 昨日の記事を読まれた方から、こんな反応がありました。

成功体験は、同じ状況に至れば自然に振舞うだけで、同じ成功を得られます。
しかし失敗体験は、何を誤ったのかを反省し学習しなければ、同じ失敗を繰り返します。
失敗体験と反省学習こそが「経験値」です。
私は出来るだけ「失敗した」に終わらせず、「うまく行かない方法を発見したが、繰り返してはいけない、次回はどうすればうまく行くか」と考えるようにしています。

  ストーンと僕の心に落ちました。本当に感謝です。
 そこで、早速今日、仕事が終ってから中学生の元に出向き、一緒に失敗の原因を分析しました。

失敗の原因はこうです。
 歌い終わってから、各自が問題点を言い出した。これはいいことなのですが、次第に関係のない話を言い出す子も現れた。
 結局、練習タイムの半分が話をする時間になってしまった・・・ということです。

では、その対策はどうしたらいい?と聞きました。
最初は???状態でしたが、待つことしばし・・・。
 待たないで、次の指示を出す。

じゃあ、今の曲を仕上げるには、どんな指示をしたら良いと思う?
最初の部分をそろえること。最後の部分の終り方。大きく変化した部分。

  実は先生も似たようなことを考えていました。と僕の考えを提案しました。
それは、練習曲の重要ポイントを次々と練習していくプランです。
中学生は、リーダーとして、どんどん指示し、評価していくのです。
うまくいかなかったら、繰り返す。
うまくいったら、次のポイントの練習。

  実は自分なりに、対策を立てていたのですが、いただいたコメントから、中学生に失敗の分析をさせ「経験値」をつけさせたいと思いました。

 そのことが、中学生たちのリーダーとしての成長につながると思ったからです。

  そしてこんな話をしました。
このことは、これからの人生で応用がきくことだよ。
失敗したら、それを分析して、その対策を立て、行動する。
それが、失敗をすばらしい経験にできる方法です。
そしてそれは自分の成長につながっていきます。

  合唱を通して、僕はずいぶん成長できました。
それは歌の技術的なことだけでなく、
生き方や心の部分もです。
そしてまだまだ成長できると思っています。
なぜなら、合唱はおわりのない世界だから。
そして、まだまだ未熟だから。(今は未熟ってステキなことだなあと思っています。だってまだまだ成長できるんですから。)

  合唱を通して、そんな成長を、子どもたちにもさせてあげたいです。
 合唱にはそんな力があります。
 合唱を通して、一緒に成長していきます。

夢実現のためのルーティンチェック表
・私は朝、トイレ掃除をします。・・・〇
・私はくつそろえをします。・・・〇
・私はその日の計画をリストアップします。・・・〇
・私は練習計画(授業計画)を立てます。・・・〇
・私はランニング(筋トレ)をします。・・・〇 ラン80分
・私はありがとうを言います。・・・〇3000回
・私は指揮練習をします。・・・〇
・私はマスクをし、トイレのたびにうがい・手洗いをします。・・・〇
・私はストレッチをします。・・・〇
・私は声を分析し、楽譜に記入します。・・・〇
・私は振り返りをブログに書きます。・・・〇
・私は午後9時30分までに寝ます。・・・これから

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:学校