So-net無料ブログ作成

強い思いを込めた小松文化の祭典リードこまつ2017 [合唱]

 今日は、コマツHAPPYMELODY児童合唱団が、小松文化の祭典リードこまつ2017に出演しました。
 今年最後を飾るコンサートです。
 場所は、小松市公会堂大ホール。ひな壇もつき、最高の場所で歌わせていただきました。更に、30分も時間をいただきました。

25129768_1540810789372682_835457848_o.jpg

 演奏したのは以下です。
①いまだよ
②樹形図
③アイウエおはよう
④じんじょさま
⑤じょうりぎ
⑥トゥモロー
⑦わたしはリンゴ

  全部で7曲を予定しましたが、それでも、時間が余ってしまうので、今日は曲の間に僕のトークを入れてみました。今日の記事は、そんな僕のトークを中心に書いてみます。

トークその1 合唱団の説明
 Nコン課題曲「いまだよ」の後に、コマツHAPPYMELODY児童合唱団の説明をしました。
この合唱団は、苗代小学校で合唱を続けたい子どもたちの受け皿としてつくられたこと。
そしてNコンに出たい!!という子どもたちの願いをかなえるための応援をしてきたこと。
だからこの合唱団には、Nコン全国に出場した子どもたちがたくさんいること。
 そんなお話しをしました。

トークその2 新しい挑戦
 コマツHAPPYMELODY児童合唱団が今、新しい挑戦をしています。声楽アンサンブルコンテスト本選出場!!という挑戦です。これは県大会の小学生一般の部20数チームで1位になること。
 さらに福島県の全国大会、一般ジュニアの部で金賞をとらないといけないこと。
 それを実現しようと、子どもたちは強い思いで練習しています。そんなことをお話しました。その後、アンサンブル曲、3曲を歌いました。

vs171209-003.jpg

(アイウエおはよう、エンディング)

トークその3 強く思えば夢は実現する
 次の曲「tomorrow」は、今はつらくても明日きっといいことがある!!という歌です。
 実は、うちの合唱団、Nコンに挑戦し、8年間金をとれませんでした。
 そのたびに涙しました。しかし、強い思いで練習し、9年目で初めて金を取れました。
 そして今年、全国へ行く!!という強い思いで練習しました。すると本当に全国に行けました。強く思えば夢は実現するということを僕も子どもたちも体感しました。
 そんな思いを込めて子どもたちが歌います。

vs171209-007.jpg

(tomorrowエンディング)

ラストトーク これからの夢
 僕の夢は、ここを日本のウィーンにすることです。
 そのために、いずれ、この合唱団を小学校から高校生までに拡大し、合唱をやりたい子どもたちの受け皿にしていくつもりです。
 そして世界的な合唱団にしていきます。そんな強い思いを持っています。
 強い思いで、それを実現した人がいます。福井ソアーべ児童合唱団の故坪口純朗先生です。その先生が作った曲「わたしはリンゴ」を歌います。

vs171209-009.jpg

(わたしはリンゴより)

 今日のコンサートでは、曲の紹介の前に、僕の熱く強い思いを語りました。
強く思い行動すれば、夢は実現します。
 あきらめずに行動すれば、夢はいつか必ず実現します。
そんなことを話すことで、みんなに勇気と元気を持ってもらえれば、と思ったのです。
そして、僕たちはこれからも夢に向かって行動します。
 
 ここを日本のウィーンにすること
そのために、コマツHAPPYMELODY児童合唱団を世界的な合唱団にしていきます。
笑われるかもしれません。
しかし、僕は合唱団創立当時から、「全国に行く!」と言い続けてきました。
そして、本当に全国に行ってしまいました。
だからこれもいつか必ず実現します。

 それが、しあわせを広げ世の中への貢献になると思っています。
 そして今までお世話になってきたたくさんの人への恩返しになると思っています。

 今年最後のコンサートは、僕や子どもたちの強い思いを込めたコンサートになりました。そして子どもたちの歌声はたくさんの人たちにしあわせと明るい未来をプレゼントしました。

 強く思い行動すれば、夢は実現します。

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:学校