So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

熱き2017年を振り返って [幸せに生きる]

 2017年もあと数時間で終ろうとしています。
 そこで、今年一年を振り返ってみたいと思います。

 ずばり今年一年は
   熱い一年でした。
 そんな中でも熱かったものを1月から順に10個選んでみたいと思います。

1.アンサンブルコンテスト1位!!全国大会決定!!
 2017年の1月下旬にあったアンサンブルコンテストは熱かったです。なんと出場した5団体がすべて金賞!各部門で最高賞の北國新聞社賞受賞!そして20数団体の中、1位。福島県で行われる声楽アンサンブル全国大会に県代表として選ばれました。熱い涙のスタートでした。

IMG_4286.jpg

2.合唱団、初の合宿
 外部の合唱団となり、念願だった合宿開催に踏み切りました。困難もたくさんありましたが、たくさんの保護者の協力の元、実現しました。みんな大喜びでした。でも、風邪でダウンする子多数!!まさに熱を出すほどの熱き合宿となりました。

2017-02-19_15-21-02_935.jpg

3.定期演奏会、大成功!
 外部の合唱団として初の定期演奏会を開催しました。準備の段階で自分自身のキャパを越えた感がありました。不安でいっぱいだったけど、たくさんの保護者の熱き応援を得て、大成功でした。

uvs170304-005.jpg

4.声楽アンサンブル全国大会銀賞受賞
 全国選抜+外国チーム40数チームが出場する一般部門で銀賞を受賞しました。本選出場はかないませんでしたが、熱き涙を流しました。

IMG_2779.jpg

その日の午後は被災にあわれた一人暮らしのお年寄りたちの前でミニコンサートをしました。喜んでくださっている方たちをみて、また熱い思いが湧き上がりました。

uvs170321-003.jpg

5.第一回風と緑の楽都音楽祭出演
 ラ・フォルジュルネ金沢に代わる記念すべき第一回の音楽祭に出演しました。熱気あふれる金沢の街で小松市を代表する気持ちで演奏しました。

uvs170503-002.jpg

6.Nコン県大会金賞!!
 今年も奇跡の合同出場!熱い運動場や体育館での練習を乗り越え、金賞をとることができました。熱き涙を流しました。

IMG_3296.jpg

7.Nコン東海北陸ブロック、奇跡の金賞!
 全国へ行く!!!みんな熱い思いで練習をしました。しかし審査結果を聞くまではわかりませんでした。
銅賞でうちの名前が呼ばれませんでした。
銀賞でも呼ばれませんでした。
もしかして・・・と身体が震えてきました。
そして金賞!小松市立・・・の「こ」の声が聞こえた瞬間、身体がふるえました。顔がくずれました。くしゃくしゃの顔に熱い熱い涙が流れました。

Picture1.jpg

8.運動会でマーチング大成功!
 まったくやったことがないけど、とにかく成功させる!!自分の持つスキルをすべて総動員し、熱い一念で取り組んだマーチング。結果は大成功でした。熱き思いと行動でやり遂げました。(パソコンをフル活用しました)


9.夢のNコン全国出場!!
 ブラスバンドのマーチング練習と合同チームの合唱練習の両方を熱い思いでやりきっての全国出場でした。まさに夢のような時間でした。保護者や先生方、小松市や地いきのみなさん、本当にたくさんの方から熱い応援をいただきました。だただた感謝しかありません。

22375616_1484775978309497_2063888358_o.jpg

10.テレビ生出演!
 生まれて初めての生放送・生インタビューでした。
 とにかくご覧になっている人に勇気や元気をプレゼントできたら・・・。その一念で準備し挑みました。熱かったですね~~。最後のアナウンサーのコメントがうれしかったです。

IMG_3995.jpg

 その他にも9つの合唱コンサートと3つのブラスバンドのイベントを熱い気持ちでやりきりました。

vs171209-009.jpg

 こうやって書いてみると、改めて密度の濃い一年だったなあと思います。
 そのいずれに対しても、一つ一つ熱い思いを持ち、行動し、やり切りました。
 最初は無理だと思っていたことでも、常に成功イメージを持ち、どうすればできるだろうと考え行動していくうちに突破口が見えてきました。

 熱き思いを持ち行動すれば夢は実現する。

 今年はそれをたくさん実体験できました。
 プラスのこともマイナスのことも、すべてのことを前に進む熱いエネルギーにし、覚悟を持ってやることの大切さを実感しました。そんな意味では、本当にたくさんのことを学べた一年だったと思います。

 これもたくさんの方々のおかげです。
 たくさんの方々にただただ感謝です。
 ここまで読んでくださった皆さんにも、心から感謝します。
 来年もきっと良い年にします。

 みなさん、良いお年をお迎えください。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

同窓会に行ってきました [幸せに生きる]

  今日は、前任校で27年前に教えた子どもたちの同窓会に行ってきました。

  二つのことを伝えたいと思いました。

 一つは感謝。
 もう一つは、人生これからがおもしろい。

感謝
 この子たちのことは強烈に覚えています。
 養護学校から普通学級に赴任して初めて受け持った子どもたちです。
 その当時は、僕が夢中になっていた仮説実験授業や楽しい授業をやり、毎日がお祭りのようでした。
 そんな僕を子どもたちは熱烈に歓迎してくれました。
 楽しさが大切だよということを体で教えてくれ、未熟で若かった僕を育ててくれました。3年で異動になりました。

授業通信ホニャララ表紙.jpg(この当時発行していた通信です)

  それから14年後、僕は再びこの学校に赴任し、その後9年間勤めさせていただきました。その間、僕は夢中になっていた合唱をめいっぱいやらせてもらいました。校区の方々や保護者のみなさんにいっぱい応援していただきました。その中には、この子達の保護者や親戚の方もいます。
 そして今年のNコン全国出場の際には、大変な応援と支援をしていただきました。
 そんな感謝の気持ちをつたえたいと思いました。

 一人ひとりに僕の名刺を渡し、お家の人に「ありがとう」と伝えてねと回りました。
 3年プラス9年。合計12年。前任校は、僕を育ててくれました。本当にただただ感謝しかありません。

人生これからがおもしろい
 呼んでくれた子どもたちは、37才です。
 37才の頃の僕は、すでに人生がわかってしまったような錯覚を持っていました。
 40代、50代になると人生はおわりに向かってしぼんでいくのだろうなあ・・・と、未来に対して暗い展望しか持っていませんでした。

 しかし違いました。

 僕の場合、40才で一度どん底に落ちました。
 そして50才を過ぎたあたりから、激烈におもしろくなっていきました。
 そして年を追うごとに、日々ドラマのような展開がありました。
 だから、最初のあいさつで、人生、これからおもしろくなるよ。とお話しました。

 僕のわたした名刺には、このブログのアドレスが書かれています。
 今も楽しく展開していく僕のドラマを読んでもらえたらなと思って渡しました。

 年配の僕のような人間がわくわくしながら夢を持って生きている様子を見て、30代後半になった教え子たちにも、これから明るい未来をつくって行ってほしいという願いをもっています。

 何人かは読んでいてくれるかな?
 今日は呼んでくれてありがとう。
 そしてこれから本当に人生は楽しくなっていきますよ。

 短い時間でしたが、一人ひとりとのお話は楽しい時間でした。
 その当時の授業がとっても楽しくて今も覚えていてその後も役に立ったことを聞いて、とてもうれしかったです。
 そして、これからも僕は、合唱を通して、子どもたちに将来そのような思いを持ってもらえるようがんばります。
 おたがいがんばりましょう。

PS.名刺を渡している僕の様子をみて、営業マンをやっている教え子から、「先生営業みたい」と言われました。
そう、僕は、感謝と人生の楽しさを伝える営業マンです。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

奉仕作業、あれから一年 [合唱]

  今日の午前中は、練習場として使わせていただいている公民館を掃除する奉仕作業。そして午後は、今年最後の合唱練習でした。

  昨年の今日も奉仕作業をしました。

 その時は、外部合唱団として一年目。
 保護者の方とこんなお話しをしながら、障子の張替えをしたことを今でも覚えています。

  前任校で合唱団はなくなったけど、合同でNコンに出られたこと。
 さらに県大会で金賞になれたこと。
 東海北陸ブロックで銅賞入賞できたこと。

IMG_2124.jpg
 奇跡の連続だったねって。


  あれから一年。
 年が明けてのアンサンブルコンテストで県1位になれたこと。

IMG_4286.jpg
 その後、福島の全国大会で銀賞受賞。

IMG_2779.jpg
 更にNコン合同で全国出場。

vs171011-002.jpg
 たくさんのテレビ出演。
 たくさんのコンサート。
 大きな奇跡が展開していきました。

 それもこの練習場があってのこと。
 そんなことを思い出しながら、子どもたちと掃除し、障子の張替えをしました。
 
 約二時間の奉仕作業でしたが、子どもたち良く働きました。
 8枚の障子の張替え。
 3個分のゴミ袋。
 机や窓、トイレをぴかぴかにし、ジュータンの汚れもとってしまいました。

IMG_4019.jpg

 その後、一人ひとりの子どもたちに振り返りのことばを言ってもらいました。

ここを使わせてもらって、感謝の気持ちでそうじができました。
そうじしていたら、心がすっきりしました。
たくさんの夢が実現できたのも、この公民館があってのことだと思いました。

 どの子もステキな言葉の連続で、聞いていて胸が熱くなりました。
 本当に天使の子どもたちです。


 午後は今年最後の合唱練習でした。
 これは、自分達でパート練習をしている様子です。

IMG_4021.jpg
 パートリーダー、補助、ピアノ担当。パソコン担当を決め、各パート30分、良い練習ができていました。成長しています
 これも公民館という場所を使わせていただいているおかげです。

 いろんな歌声はこの公民館と児童館から生まれました。

 去年の奉仕作業から一年。いろんなことがありました。すばらしい子どもたちと保護者のみなさんと出会い、地いきのみなさんやたくさんの方々からの、たくさんの応援をいただきました。そんなことを思うと、ただただ感謝の一日でした。

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

思いを行動に! [合唱]

  今日もアンサンブルコンテストに向けての合唱練習でした。子供達は、全国に行く!!という強い思いを持っています。
    しかし思いだけでは実現しません。

    行動が必要です。
    そこでこんなものを用意しました。

IMG_4007.JPG
 テーマは
   福島の空に思いを届けよう。

  一昨日、一人一人がアンサンブルコンテストに向けての目標を書いて空の所に貼りました。
   そして、その日から、顔テスト。歌テストで仲間から評価された子は、シールを貼っています。練習に来れば、シールを貼れます。
   そして県大会前には、どんな思いを込めて歌うかということも書かせて行きます。
   すべての行動の証がこれです。

  大会までにどれだけ福島の空に思いが込められるでしょう。

   気がつくと、アンサンブルコンテスト県大会まで、ちょうど一ヶ月となりました。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

学習タイム [合唱]

 今、子どもたちの学習タイムです。
子供たちは、冬休みの宿題をやっています。その時間に、この文章を打ち込んでいます。

 アンサンブルコンテストに向けての特別練習の中に1時間組み込んでいます。
これも大切な練習の一つだと思っています。
それはしゃべらずに1時間、どこまで学習に集中できるかということです。
学習に集中できる子は、歌の練習でも集中できます。

  ぼくはその間に、練習中に録音した歌声のチェックをしています。
生で聞いてOKだと思っていても、何度も聞き直しているうちに音のおかしいところを発見できます。
  ぼくも、耳での学習タイムです。

 今日の練習の中で発見したことがあります。
  それは、集中している子に注目することです。
  昨日までは、集中してない子ばかりに目がいきました。
 しかし今日は、あえてそちらの方は見ないようにし、集中している子供達を中心にみました。
  すると不思議なことに、全体が集中した雰囲気になりました。

 ポイントは集中力です。もしかしてそれは、指導者の意識が伝染して行くのかもしれません。

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

日々、努力し行動あるのみです [合唱]

  今日もアンサンブルコンテストに向けての練習でした。
 このシーズンになると、ランニングで聞くものがオーディオブックから別のものに変わります。
 それは、いろんな先生に教えていただいた合唱指導の音声です。
 
 合唱指導では、やることが山ほどあります。
 また、その方法も山ほどあります。

 教えていただいたときは、「いいこと聞いたなあ~」と感動しても、その中で実践していることは、わずかです。

 だからかつて教わったことをもう一度、聞きなおしています。
 何度も何度も聞きなおします。

 聞くたびに新たな発見があります。
 大切なポイントを思い出します。

 そんなことを今日の指導で実践しました。

  まずやったのが、口形をしっかりとさせ、言葉を意識して歌わせること。
 はじめのユニゾンのところ(同じ音程のところ)を一人一人歌わせます。
 子音や言葉の母音の口の形を意識させます。
 すると、ずいぶん声がそろってきました。

  身体を使うこと。
 息を吸うときは脱力。
 息を吐くときは、お腹や下半身に力を入れる。
 合唱は、緊張と弛緩の繰り返しなのです。
 自分で身体をさわりながら確認させます。

 書き出すときりがありません。
 
 合唱は指導法だけでも山ほどあります。
 今の子どもたちに、どの方法が、ぴったりとくるか・・・。
 それは子どもたちの状態や一人ひとりの子どもたちによって違います。
 だからいろんなことをやってあげると良いかなと思っています。

  すごい指導者になると、声を聞いて、様々な方法を繰り出し、声をどんどん変えていきます。
 少しでも、そんな指導ができるようになりたい。
 だから、日々、教わったことを聞きなおし、実践するのです。

  がんばっている子どもたちのために、今の僕にできることは、努力しかありません。

 聞いて、いいこと聞いたなあ~~、ではだめなのです。
 行動してみて、初めてその効果が実感できるのです。

  少しでも子どもたちにとって良い指導ができるように、日々、努力し、行動あるのみです。

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

聞くこと [合唱]

  今日、アンサンブルコンテストに向けて、本格的に練習を開始しました。

  今日は6年生以上の子に一人一人歌ってもらう機会をとりました。

 聞いている子には、誰の声がステキか、聞いていてよ。と言って・・・。

  声が変化してつつある子がいました。
 響きがついてきているのです。
 中には、拍手をもらった子もいました。

  一人一人歌うって、すごく大切なことだなあと思いました。

 声の変化に気づけます。
 また下の子はそれを聞くことで、良い声をイメージできます。
 
 合唱団によって、歌声に違いがあります。
 それは指導者によるものかなあと思っていました。

 しかし、このように先輩から後輩が声を引き継ぐ場合もあるのだろうなと思います。
 だからこそ、聞くことの大切さを感じます。

  合唱では、歌うことも大切ですが、聞くことも大切です。
 周りの歌声を聞きながら合わせて歌う。だから合唱というのでしょう。

  指導者の指導も大切ですが、子供同士の感化力も大きいと最近感じています。 
  これからも一人一人歌う機会を設け、いい声探しをさせていきたいと思っています。

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

iphoneでkindle本を聞く [幸せに生きる]

  合唱をやるようになってから、本をよく読むようになりました。
 少しでも合唱に役に立つことはないかという思いでです。
 人生論やビジネス書、教育書、リーダーシップ論や啓発書など
 本の内容は多岐に渡ります。

  しかし読む時間をとることができませんので、ランニングをしながら、オーディオブックを聞いています。
 これの良い所は、倍速で聞くこともでき、更に、いろんなことをやりながら聞くことができることです。毎日ランニングをしていますので、結構な量の本を読むことが(聞くこと)ができます。

 さて、最近、インターネット上でkindle本というものを目にするようになりました。
オーディオブックと違い、目で見て読む本です。
 kindle本は、オーディオブックよりも種類が豊富です。
 これをオーディオブックみたいに聞くことができないかといろいろと調べてみました。
 するとできることがわかりました。

 以下のサイトにその方法が書いてあります。


 僕のiphoneでもやってみました。するとうまく行きました。
発音が少々おかしいのと読み間違いがたまにありますが、内容はよくわかります。
また、画面で文字を確認できるのもいいです。

 さっそく二冊のkindle本を購入しました。

小さくても勝てます

小さくても勝てます

  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2017/12/06
  • メディア: Kindle版
変わりゆく高校野球 新時代を勝ち抜く名将たち ~「いまどき世代」と向き合う大人力~

変わりゆく高校野球 新時代を勝ち抜く名将たち ~「いまどき世代」と向き合う大人力~

  • 出版社/メーカー: インプレス
  • 発売日: 2017/06/23
  • メディア: Kindle版

 今は情報量が多いです。
 だから、いい情報を選ぶ時代だと思っています。
 よい情報は力になり、自分の幅を広げてくれます。自分の生き方に応用できることもあります。
 どんどん吸収し、この場所で発信していきたいと思っています。

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

二つのうれしい発見 [合唱]

 今日は合唱団の練習で二つの発見がありました。

一つ目は合唱教室でのこと。
2年生の子どもたち。
本当は30分で練習を終えるのですが、その後のクリスマス会に参加するため、しばらく、合唱団の団員と一緒に練習していました。
 練習曲は難しいアンサンブル曲なので、本当は見学させるつもりでした。でも気がついたら一緒に歌っていました。まあ、いいかな・・・と思っていました。

 合唱団のペースで低音・中音・高音と次々と音とりをしていきました。

 すると、どうでしょう。どの子も、ちゃんと音をとっているのです。
 ためしに、ある小節を二年生だけで歌わせてみました。
 するとちゃ~~んと歌えるではありませんか。

 ビックリしました。
 なんだか、音が身体にす~~っと入っていく感じなのです。

 今の6年生の中にも、2年生の頃から合唱を始めた子がいます。
 今ではすばらしい歌い手に成長しました。

 改めて、小さいうちから音に親しませることの大切さを実感しました。


 二つ目は、アンサンブルのパート練習でのことです。
 今日は各パートごとにパートリーダー決め、自分達で練習させてみました。

 すると、どうでしょう。
 どのパートも、自分達で、いい練習ができています。
 音のあやしい部分では止め、繰り返したり、一人ひとりで歌わせたり・・・
 まさに中学生の行うパート練習のようでした。
 これは、子どもたちの耳が育っているからできたことだとも思います。

 約30分の練習予定でしたが、もう少し時間が欲しいということで、合計40分パート練習をさせました。
 全体練習よりも意欲的で、いい練習ができていたと思います。

 自主性を大切にすることの大切さを発見しました。
 
 二つのうれしい発見。
 いつまでたっても発見があります。
 だから合唱はおもしろいです。

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

CDデビュー [合唱]

  昨日、こんな封筒が学校に送られてきました。

IMG_3999.jpg
 中を開けてみると、こんなすごいものが入っていました。

IMG_4001.jpg

 裏面を見ると・・・

IMG_4004.jpg

 なんとCDデビューしてしまいました。

 アマゾンや楽天で買えます。


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:学校