So-net無料ブログ作成

深い学び、武田雅博先生の講習会 [合唱]

  今日は、愛知県へ行ってきました。

IMG_3155.jpg

 毎年恒例!武田雅博先生による講習会です。
 講習の内容は、今年のNコンの課題曲「いまだよ」です。

  今年は、仕事がハードです。
 道中の汽車の中で、仕事をしながら向かいました。

  しかし、そんな忙しい中、行ったかいがありました。

IMG_3150.jpg
 毎年思うのですが、曲の全体像が見えた感じがあります。

 宮下奈都さんの詩と信長貴富さんの作曲から生み出されたストーリーが見えました。
武田先生の解釈から生まれたストーリーですが、それは、詩をイメージし、楽譜を読み込んだ中から生まれたストーリーです。

 それは一人の「僕」の成長の物語でした。
 
 全体像が見えることで、部分部分の意味が見えてきました。
 たくさんの場面がありました。一つ一つの場面が、僕の成長の過程をあらわしていました。そして僕も子どもたちと共に、この成長の物語を追っていきたくなりました。

 武田先生の解釈には、必ず、子供を成長させるような要素が盛り込まれています。それが歌に命を吹き込みます。歌の指導を通して、子どもたちの成長を促すことができます。そこが好きです。


 またこの曲には、随所随所に、感動を起こさせるような仕掛けがあります。
 それは楽譜に書いてあることなのですが、凡人の僕には、見えません。
 それらを意識し、磨いていくことで、歌が魅力的なものになっていくのだろうなあと思いました。

  まだまだ消化不足です。何度も講習会での武田先生の言葉を聴き、楽譜を読み込んでいきます。

 そして最後には、自分のものにしていく必要を感じています。武田先生の解釈を読み込み、そして更にそれを自分の思いを込めたものに。

  曲は、国語の教材解釈に似ていると思います。表面だけみていては、決して良い授業にはなりません。言葉を深く読み込み、最後は自分の思いをのせることで、初めて良い指導ができるものだと思います。

  毎年、本当に深いものを学ばせていただいています。武田先生には、心から感謝です。そして愛知県の先生方、本当にありがとうございます。

 子どもたちと歌って行く中で、一緒に成長していきます。
 そして子どもたちと共に、成長の物語をつくっていきます。

ps.いろんな先生から現場での合唱指導についてのお話を聞きました。どの先生も、様々な仕事に追われ、決して恵まれた状況ではない中、一生懸命取り組んでおられることがわかりました。しかし、こういう時代だからこそ、合唱を通して、子どもたちを成長させていきたいと感じました。

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校