So-net無料ブログ作成

理屈と感情 [合唱]

 人の話を聞いて、「理屈はわかるけど感情がなんとなくしっくりしない」ってことがあります。
 合唱の世界でも似たようなことはあります。上手いんだけど、感情がうごかない歌声。

 合唱は、理屈と感情、どちらも大切な世界だと思います。


 理屈とは、楽譜をきちんと読み込み、ただしい音とリズムを刻むこと。楽譜の指示にきっちりと従うこと。
 感情は、みんなの心が表現しようという意識を持ち、一つになろうとすること。

  今の僕は、そんな感じに思っています。


 昔は、感情ばかりを大切にしてきました。
 しかしここ数年は理屈を大切にしてきました。

 しかし今は、理屈と感情どちらも大切だと思うようになりました。
 
 どちらも大切にするにはどうしたらよいでしょうか。

 それは、指導者がしっかりと楽譜を読み込むこと。
 そして、それを元にただしい練習を繰り返すこと。その繰り返しの量がある線を越えたとき、心の奥でみんながつながるような感情の一体感が生まれるのかなあと思います。
 
 理屈と感情、どちらも大切な世界。
 合唱は人生と良く似ています。

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校