So-net無料ブログ作成

体調管理も練習の一部 [合唱]

  とうとうインフルエンザが入ってきました。
 合唱団の子どもたちのいる学校も、あるクラスが学級閉鎖になりました。合唱団の子も一人、インフルで欠席しました。

 コンテストでは、歌の練習以上に体調管理が、重要になってきます。かつて、一生懸命練習したのにインフルエンザのため、コンテストに出場できないお子さんがいました。
 また、インフルエンザが治り復帰したのはいいけれど、のどが本調子でないお子さんもいました。

 合唱は身一つで挑みます。どれだけ練習したとしても、体調がよくないと、そこでおしまいです。体調管理も練習の一部。それを実感します。

 そう考えると、一流のスポーツマンはすごいです。大会にベストを持っていくために、練習だけでなく、メンタル面や体調面なども、大切にしているからです。

 今日は練習の最後に、こう言いました。

体調管理も練習の一部。

●早寝早起き・うがい・手洗い・マスクなどでの体調管理をすること。
●咳が出る。熱があるなどの症状がある場合、すぐに病院で診てもらってください。(インフルエンでも軽い場合があり、そこからどんどん伝染していきます)
●調子がわるく、病院に診てもらってない場合、練習を欠席していいです。

 法律が変わり、出席停止の期間が長くなりました。来週中にインフルになると出場は難しくなります。
 今まで一生懸命練習してきた子どもたちのためにも、万全を期してあげたいと思っています。

【参考】
インフルエンザの出席停止期間の数え方
 小学生以上の場合
インフルエンザ発症後、学校へ登校可能になるには下記の2つの条件を両方、満たさないといけません。
・解熱後2日が経過していること
・発症後5日が経過していること

発症とは発熱の症状が現れたことを指します。日数の数え方は発熱が始まった日は含まず、翌日からを発症第1日目と考えます。

https://minacolor.com/articles/show/3068

開脚4週間プログラム第二弾 5日目終了