So-net無料ブログ作成

聞くこと [合唱]

  今日の合唱練習では、新曲の音取りをしました。

 音のあやしい所は、一小節ぐらいを学年で歌わせたり、一人一人歌わせたりします。こうすると、音が正確になっていきます。

 そこで、意識させたことがあります。
 それは、聞くこと

 一人一人歌っている間。他の子はどうしているでしょう。
 何も言わないと、ボ~~っとしていたり、ペチャクチャおしゃべりってこともあります。
 しかし、聞くことを意識させると、耳が育っていきます。

 だがしかし、ただ「聞くように!!」と言っても、できないのが人間。
 人間だもの・・・相田みつを

 そこで、今日はこんなことを言ってみました。

 聞いた後、音のあやしい部分を、セーノで言ってみて

 たとえば、ふるさとの「うさぎおいし」とある学年が歌ったら、音が違う部分をセーノで
 とかとかとかと言うのです。
 その後、僕が正解(と言っても僕の耳の判断ですが)を言います。一緒だったら、すごいねってなります。

 聞いたあとにフィードバックさせたのです。
 これがなかなかおもしろかったです。(歌っている子はひやひやしたでしょうが・・・)

 聞くことを意識することで、確実に耳が育っていきます。
 聞くことの回数を増やすことで、更に育ちます。
 実際ピアノをやっている子は、耳が育っています。

 合唱を通して、聞くことの大切さを実感しています。

                ※

 授業では、発言ばかりに注目がいきます。しかし、聞くことも、すごく大切なことだと思います。理解力と思考力が育ちます。

 日常会話でも、話すことに関心がいきます。しかし、聞くこともすごく大切です。たくさんの情報と相手からの信頼が得られます。

 昔は、たくさん話ができる人がいいなあと思っていましたが、最近は、じっくりと話を聞いてくれる人がいいなあと思います。

 今日の合唱練習を通して、あらためて聞くことの大切さを感じました。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校