So-net無料ブログ作成

ブラスバンド、おもしろくなってきました [ブラス]

 ブラスバンドをメインにやりだしてから、一ヶ月近くになりました。
 大変ですが、やりがいも感じるようになりました。
 それは、子どもたちと一緒に音楽づくりができるという点です。

 先週の金曜日から、新曲に取り組んでいます。あの名曲、ふるさと。金管バンドバージョンです。

 次のコンサートがひかえているため、5日間でこの曲をふけるようにしなくてはいけません。今日で4日目ですが、なんとかみんな音をとれるようになりました。(まだ音はふらふらしていますが・・・)

 この超スピード音取り。こんな方法でやってみました。

 まず楽器ごとのパート音の入ったCDをつくり、全員に配りました。そのとき、以下のことを言いました。
 自分のパート音を流しながら、勉強をすること。

 合唱団と同じ方法です。まずは、身体に自分のパート音をしみこませることが大切です。

 練習ではパート練習で以下のことをさせました。
 CDを流しながら、
 ①リズム打ち ②階名唱で歌う ③先生に聞いてもらう ④合格したら楽器

 こういう手順でやったところ、以前なら、

 先生、ここのリズムがわかりません。
 先生、ここどんな音なんですか?

 そんな質問はなくなりました。

 そして今日吹いてみたところ、想像以上に音がとれていました。
 ふるさとは、半音階がけっこうあります。これらの音をしっかりとらないと、きれいなハーモニーになりません。また、スローテンポの曲だからこそ、息が必要です。

 まず音をしっかりとること。息をすうこと。練習量が大切!!
 僕の場合は、そんなことを言いながら、ひたすら吹かせます。
 指導すればするほど、上達するのが見えてきます。

 ブラスバンド。ジャンルは違いますが、合唱で学んだことが生かせます。
 だんだんおもしろくなってきました。

 今日、職員室で、校長先生からこんな話をされました。

ブラスバンドの指導は、普通できないもの。
このような体験ができるなんて、しあわせですね。

 今の僕は、そうだなあと思えるようになりました。
 メインでやると宣言し、攻めの姿勢で取り組むことで、より楽しさが増していきました。

 楽器が吹けないから、ブラスバンドの指導は無理だと思っていました。でも、考えると、僕はピアノが弾けないのに、合唱指導をやれています。何事も、不可能はないのです。

 まだまだわからないことはたくさんあるけど、新しいことへのチャレンジは、きっと僕を成長させてくれるものだと思っています。

 この与えられたチャンスを、自分の糧となるよう、生かしていきます。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校