So-net無料ブログ作成

大切なのは息 [合唱]

 最近、歌を歌う上で一番大切なのは、息だと感じるようになりました。
もちろんその他にも大切な要素はたくさんありますが、息を制する物は、いろんな表現を制することができるのではないかと感じます。

 例えば息があれば、正しい音程をキープできます。
 音が落ちるのを防ぐことができます。
 息の速さを強くすれば、フォルテが表現できます。
 徐々にスピードを上げていけば、クレッシェンドになります。
 息をたっぷり使えば、感情を込めたピアノが表現できます。

 息のスピードにより、響きを自由自在にあやつることができます。おもしろいなあと思います。

 息を操るためには、お腹の筋肉を使う必要があります。だから腹で歌え、と言われるのだと思います。

 声を大きくするのではなく、息のスピードで響きを大きくする。
 それが、合唱での山場の表現方法。
 すると、美しく響きのある山場が表現できます。

 なんだか、最近、今までわからなかったことが、自分の中でつながっていくのを感じます。
 
 合唱指導は、ある意味、科学的でもあります。
 そして芸術でもあります。
 やればやるほど、おもしろくなってきます。
 深い世界です。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校