So-net無料ブログ作成

山に行ってきました 2日目 [幸せに生きる]

 翌日、3時50分頃に目が覚めました。
 昨晩は早く寝たので、これでも十分な睡眠時間です。

 ほどなく外に出て歩き始めました。
 あたりは、霧に包まれ、視界もよくありませんでした。

IMG_2001.jpg

  エコーラインを登り室堂へ向かいました。
 ここは良く整備され、僕の大好きなルートです。

IMG_2002.jpg

 歩き始めて約一時間30分。霧の中から突如室堂が現れました。

IMG_2004.jpg

 そこから山頂へ、約一時間で到着。
 山頂の神社で、手を合わせました。
 今までのことを感謝しました。
 すごい雨と風でした。

 ここでも山頂の写真をフェイスブックに送りました。
こんなコメントをつけました。

IMG_2005.jpg

ただいま 白山山頂です。何も見えないけど、僕には太陽が見えます。

  これからもいろんなことがあるだろう。たとえ雨や風で何も見えなくても、太陽を見て生きていきたい。
 そんな思いを込めて書いたコメントです。
 雲の向こうには、必ずお日さまがあるはずです。そんなお日さまの方を常に向いて生きていきたいと思いました。

 その後、観光新道を通って下山しました。少々足に来ますが、ここも人が少なくて、大好きなルートです。

 途中、お花畑が僕を癒してくれました。

IMG_2009.jpg

 バス乗り場のある別当出合に付いたのが、10時20分。
 この日の歩いた時間は、5時間25分でした。

IMG_2011.jpg

 今自宅に戻り、写真を見ながら、この記録を書いています。
 山はいいです。たった二日でしたが、大自然が、僕をリセットしてくれました。
 たまった心の垢が流れたようです。

 いろんなことを考え、感じられた二日間でした。
 さあ、これから現実に戻ります。

PS.家へ帰って仮眠してたら、みんなが練習に遅刻している夢を見ました。なぜか、みんな大きくなっていました。「〇〇高校合格したよ。」と報告する子がいたり、友達同士盛り上がっていたりして、集中してくれません。さあ、どう切り返していこうか・・・と思っているうちに、目が覚めました。リアルな夢だったなあ・・・。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

山に行ってきました 1日目 [幸せに生きる]

 これは、1日目の様子です。南竜山荘で記しました。
よく歩きました。タイムをみると、8時間12分も歩いています。

朝、5時30分に家を出ました。
登山口の市ノ瀬に着いたのが6時半。
駐車場は車でいっぱいでした。

IMG_1962.jpg

ぼくは人を見るのがいやだったので、別山の方に向かいました。別山・市ノ瀬道と言います。ここは昨年度も歩きました。長いコースだけど、人とあまり会いません。

IMG_1963.jpg

 今日も誰もいませんでした。一だけの人の山歩きの世界を楽しみました。

  ぼくが山に行くのは、一度リセットするためです。大自然の中、一人の世界に浸るために行くのです。

IMG_1967.jpg

  歩いていると、ぼくはいつもいろんなことを考えていることに気づきました。過去のこと。未来のこと。
  そして、今を感じることをあまりしていないことに気づきました。
  考えると、4月以後、ずっと周りに気を使ってきました。心の奥の自分を大切にしてあげたいと思いました。

IMG_1982.jpg

  長いコースですが、やがて別山の山頂に着きました。当たり前のことですが、一歩一歩歩いていくことで、いずれ山頂につくことがわかりました。どんなに遠くても、一歩一歩の積み重ねなのです。

 ここで山頂の写真をフェイスブックに送りました。山頂は意外と電波が来るのです。

IMG_1986.jpg

こんなコメントをつけました。
ただいま、別山頂上に到着。何も見えないけど、ぼくの心には宇宙が見えています。

心の中はまるで宇宙のように広い。過去そして未来。そんな中に自分がいるんだなあと思って書いたコメントです。

  この山頂から、南竜山荘が、また長いのです。
  しかし、その途中途中で、お花畑や壮大な山の景色が待っていてくれます。

IMG_1992.jpg

IMG_1995.jpg

IMG_1997.jpg

 目的だけ考えると、遠くうんざりします。しかしその途中途中にたくさんの喜びや楽しさが待っています。目的だけ見ていると、それが見えない。今を大切にすることで見えてくる。
 その過程も楽しんでいきたいと思いました。
 また、これも当たり前のことですが、一歩一歩の歩かないと目的地へは着けないというこことも感じました。

  この道中も誰にも会わない山の世界でした。

  4時過ぎ、南竜山荘に着きました。

IMG_1999.jpg

 昨年と同様、思ったほど人はおらず、ゆったりと寝られそうです。

 もうじき5時。夕食の時間です。山の時間は、ぼくにぴったりです。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校