So-net無料ブログ作成

一生懸命挑戦することは、すばらしいこと [授業]

 今日は、リコーダーテストの最終日でした。
 僕は器楽の場合、検定カードというものを作っています。一曲を3,4箇所に分け、そこの部分が吹けたら、合格シールを貼っていくシステムでやっています。
 今日は最終日。
 いつもは、10分間だけの時間限定ですが、今日はたっぷり時間をあげました。

 検定の前に、こう言いました。

 先生は、上手い下手なんて関係ないと思っています。もっと大切なことがあると思うのです。何だと思いますか?

 それは、一生懸命挑戦することです。

 最初から上手い人がいます。最初は下手な人もいます。
 でもね。それは、関係ないのです。
 下手な人でも、一生懸命挑戦を続けることで、いつかは上手くなります。それは、自信を持って言えます。
 続けることが大切なのです。すると、いつかは上手い人を追い越していきます。
 それは、リコーダーだけでなく、野球やサッカー。いろんな習い事でも言える事です。
 何年も何年も続ければ、いつかは必ず伸びていきます。

 どうぞ、音楽の時間を通して、そんなことを体験してください。

 そうやって、検定の時間が始まりました。。

 どんどん挑戦して来ました。

 最初はふけなかった所が、だんだんふけるようになってきました。
 どんどん合格していきました。
 ガッツポーズで喜ぶ子もいます。
 苦手な子も挑戦してきます。

 挑戦する子どもたちは、美しいです。
 そんな子どもたちから、勇気をもらえました。
 一所懸命挑戦する姿は、本当に美しいです。
 
 一生懸命挑戦することは、すばらしいこと。そんなことを音楽の時間で体験して欲しいです。