So-net無料ブログ作成

歯ぎしり [合唱]

 ここ数日、左の奥歯がぐらぐらしています。
 寝ている間に、歯ぎしりをしているようなのです。
 歯肉が腫れて、歯が浮いたような状態になっています。上と下の奥歯がかち合うと、痛くてたまりません。
 ここ数日、ものを噛めない状態です。

 そういえば、3月のアンサンブル全国大会前のときも、歯ぎしりをして、前の差し歯が抜けてしまいました。

 そうそう、昨年のNコンの練習の時も、やはり奥歯が、ぐらぐらして、削ってもらいました。

 知らない間に、心の底の自分が、歯ぎしりをさせているようです。
 思いと現実の差が、知らないうちに、自分を追い込んでいるのかもしれません。

 そこで、今日は前の教職員研修で学んだことをやってみることにしました。
信楽ひふみ学園代表、佐藤公一氏の講演、本当にいい講演でした。そこで大きく二つのことを学びました。

ねばならない思考を選択します思考に変える。
 ねばならない思考は自分を苦しくします。
 そういう時は、選択します。と言い換えると楽になるというのです。
 「僕はNコンの指導をせねばならない。」ではなく、それを「選択」しているのです。

感じる!
 普段は、想像したり思ったりする時間がほとんどだとのこと。過去の失敗や現在の不満、未来の不安。そんなことばかりを繰り返し繰り返し思っているのです。
 しかし、感じることを優勢にすると本来の自分に戻れるというのです。
 具体的には 
  ・身・・・背筋伸ばして和顔
  ・口・・・前向きで明るい言葉
  ・意・・・長いスパンで見る目
 まずは、今ここでしあわせになることが大切だというのです。

 僕の場合は走ることで、感じるが優勢になります。背筋を伸ばして走ることで得られる身体の心地よさ、気持ちよさ。まさに走ることから得られる感覚が自分を幸福感で満たし、本来の自分に戻してくれます。

 今日の午後は走りました。何も考えず、山の林道の中を黙々と走りました。濃い緑が心地よい気持ちにさせます。そよ吹く風が、身体を通り抜けます。

IMG_1779.jpg

 さあ、今晩は歯ぎしりがとまるでしょうか。
 
 Nコンを練習している指導者のみなさんや、あるいは大会を控えた運動部の顧問の先生は、こんなことありませんか。

 知らない間に、自分にプレッシャーをかけているのかもしれません。

 明日、歯医者に行きます。


突き抜けた感!? [合唱]

  今日の合唱練習では、突き抜けた感がありました。

  突き抜けた感って?
 それは、ある限界を超えたとき、楽しく感じる感覚です。
 なんだか意味もなく楽しい感覚に包まれること。
 意味もなく可笑しい気分になること。
 走っているとよくあります。ある限界を超えると気持ちよくなる瞬間。ランナーズハイです。

 合唱練習でも、時々あります。ある限界を超えると、やたらと楽しい雰囲気になるとき。たくさんの子が笑顔になります。笑い声につつまれます。昨年度の夏練でも時々ありました。今年は初めてかもしれません。

 運動部なんかでもあるんじゃないかな。ある限界を超えたとき、苦しいんだけど、楽しい感覚になるってこと。
 これは、僕自身の感覚ですが、子どもたちはどうだっただろう?

 しかし、昨日うまく決まらなかったところが、次々と決まっていきました。
 昨日後退したところが一歩前進しました。

 突き抜けた感は、自分自身の殻を一つ破る感覚なのかもしれません。
 一つ一つ自分の殻を破り、大きく成長していって欲しいです。


一進一退 [合唱]

 今日で一応表現をすべて教え終わりました。
 相当かっつめて教える形になりました。
 どこで、どう表現すればいいか、おおまかなところは押さえました。
 同時に声作りを並行していたはずですが・・・

 なんと響かなくなってしまったのです。
 また、歌が早くなってしまいます。
 子どもたち、どんどん先へ先へと歌ってしまいます。
 もうどうにも止まらない!!

 これ昨年度も体験しました。

 原因は息です。
 十分に吸ってないから、息が少ない。
 響きが小さくなる。
 早口になる。
 早口だから口も動かない。何をいっているのかわからない。

 小さくまとまってしまったのです。

 一度壊すのを覚悟で、また声作りです。
 とにかく息!!そして出すことです。
 壊しては、作り、壊しては作り。そうやって少しずつ大きくしていくしかありません。

 一進一退。
 小さくはまとめたくありません。

 Nコンまであと6日です。


大きな指針 [合唱]

 今朝、フェイスブックでみたある先生の言葉が心にズシーンと響きました。
僕が大変尊敬している先生の言葉です。

楽譜をちゃんと読み、そこに思いをのせ、それを技術で表現していくこと、
そして人としての成長につなげていくこと

 これが、まさにNコンの夏練で目指したいことだと再確認しました。

 今年は練習時間が短く、技術で表現していくことばかりにとらわれていました。
 声作りをはじめ、立ち方や音程、呼吸、表情、口形、言葉など、押さえる事が山ほどあります。
 しかし、抜け落ちていたことがありました。それは、思いをのせることです。
 そして、一番大切なこと。それは、人としての成長につなげていくことです。

 僕のNコン挑戦歴は、今回で10回目になります。夏休みの暑い中、なんで、なんでこんなことを続けてこられたのか・・・。
 それは、子どもたちの成長を見るのがうれしかったからです。そして、そんな子どもたちを見て、自分自身の成長も感じられました。
 しかし、初期の僕は、思いが先行し、楽譜や技術が後回しの状態でした。

 今は、楽譜と思いと技術、三位一体のものだと思います。

楽譜をちゃんと読み、そこに思いをのせ、それを技術で表現していくこと、
そして人としての成長につなげていくこと

本当にずしんとくる指針です。

 今日は、この言葉を意識した指導をしました。
 今は表現に入っています。
 その中で、楽譜や歌詞から読み取った思いを子どもたちに伝えていきました。

 今年の課題曲「ぼくらのエコー」は、普通に歌ってしまうと、さーっと流れてしまいます。しかし、武田雅博先生の講座をうけて、とてもスケールの大きい曲だなあと感じていました。

 このスケール感を出すためには、技術だけでなく、思いを伝える必要があります。特に後半に行けば行くほど、熱く強い思いや決意をこめた歌い方が必要です。
 歌の中で、武田先生から学んだ熱き思いを話していきました。

 そして更に、そんな思いが込められた歌の力についても話しました。

 僕がかつて死のうと思っていたこと。そんな時に聞いたある6年生の歌声に涙が止まらなくなったこと。それから死んだつもりでもう一度生きてみようと思ったこと。
 歌には、そんな力があるんだ!!

 僕は歌によって救われました。
 僕が合唱をはじめた原点です。
 
 みんなもこの歌に、希望や決意の気持ちを込めて歌うことで、人に希望や勇気を与えることができるかもしれない。そんな歌をみんなでつくっていこうよ。

 子どもたちは僕の話を静かに聞いてくれました。

 歌に思いを込めるということは、その思いを自分のものとして理解していく必要があります。そんな中で、子どもたちは成長していきます。そんな成長した姿を見て、人は感動します。その感動した姿を見て、歌い手の子どもたちもまた感動します。そして、さらに成長していきます。
 そんな世界を、この夏練でつくっていきたいです。

楽譜をちゃんと読み、そこに思いをのせ、それを技術で表現していくこと、
そして人としての成長につなげていくこと

 大きな指針です。ありがとうございます。


時は金なり [合唱]

  今日も、表現をつけていきました。
 しかし、基本は声です。最初に声ありき。だから、基本メニューをする中、課題曲と自由曲の表現を恕等のようにつけていきました。

 そのせいでしょうか。歌声がだんだんと乱暴になってきました。
 指導のあせりが歌に出てしまうのかもしれません。

 合唱というのは、押さえることが山ほどあります。
 あれもこれもと言っていたら、時間がいくらあっても足りません。
 捨てるところは捨てるという潔さが必要なのかもしれません。
 
 今日の午後、みんなで作る歌のお城に色をつけてみました。
 これは、みんなで目指す歌の象徴です。
 薄くサ~~っと色を塗ってみたのですが、それらしい感じになりました。

 今は、こんな感じかもしれません。

2016-07-27_065614620_D3C95_iOS.jpg

 今日うれしかったことがあります。

 あっもう12時5分前や、終わる時間や。
こう僕が言うと・・・。
 先生、11時5分前の間違いじゃないが。
 みんなで時計をみると・・・
 あっ本当や。

 あっという間に時間が過ぎたと感じたようです。
 
 今日からピアニストの方が来てくれて、指導がどんどん進むようになったこともうれしかったです。

 時は金なり。
 限られているからこそ、この言葉が身にしみます。

 Nコン県大会まで、あと8日になりました。