So-net無料ブログ作成

授業デビュー [授業]

  今日は赴任先の学校で授業デビューしました。
  なんと6年生、全クラスの授業です。

 始まるまでは、本当にドキドキ気分でした。まるで新採にもどったようでした。
 だって、どんな反応を見せるかわかりません。それもしょっぱなから6年生です。

 僕は自分の授業の原点に戻ることにしました。

僕の原点はこれです。
 楽しもう どんどんほめる テンポ良く 感謝

 さて、6年生がやってきました。だいたい授業の内容は考えてあったのですが、雰囲気をみて、構成を変えていこうと考えていました。
 
最初のあいさつ。思った以上に、大きな声であいさつしてくれました。

はじめは「拍手で何秒?」というゲームからスタートしました。

これは一人ずつ順番に拍手をして、クラス全員で何秒かかるか、という単純なゲームです。

テンションをあげなくても、手拍子だけでできますので、導入にぴったりです。
また、音を聞く練習にもなります。
更に回数を重ねるごとに、秒数が短くなるのもいいのです。

けっこう和みました。

次に6年生の音楽について話し合わせました。
 最終ゴールは卒業式の歌です。

6年生のおわりにはどんな歌声になりたいか
四人で話し合い、代表者に発表してもらいました。

それをまとめ、写真をとりました。
これはあるクラスのものです。

unspecified.jpg

 よし、わかりました。では、このような歌声を目指して一年間、みんなでがんばりましょう。

 そうやって、テンポとスピードを意識していよいよ本格的な授業の開始です。以下のようなことをやりました。

・起立・・・起立の合図で、全員同時にサッと立つ!!
・ハイ・・・みぞおちに手を当て、動くかどうか確認。とにかく出す!!
 赤白対抗・・・騒音計で、何デシベルかを発表!!これが盛り上がる。

そして、お話したのがこれです。
●大切にしたいこと
・まず声を出すこと。
・多少音が外れてもいい。自分を出して声を出すこと
・それを指差して笑う、ダメ
・思いっきり歌える音楽の授業にしよう。

そしていよいよ歌のコーナーです。
6年生と言えば、これ、
つばさをください

「まずは、所見で歌ってもらいます!!」と宣言。
僕の場合の所見とは、一回聞いて、すぐに歌ってもらうということを意味します。
範唱CDで曲をきいてもらいました。

その後、「少しでもいいから声に出せるといいよ。」と言って、一題目だけ歌ってもらいました。

小さな声ですが、みんな声を出しています。

歌い終わってから、聞きました。
少しでも声が出せた人?

全員の手があがりました。

えらい!!そうやって、少しでも声をだすことが大事なんだよ。

 その後、今度は、僕のまねっこをして歌ってもらいました。
一小節ごとに僕が歌い、それをまねして歌ってもらうのです。
音読で言うと、オウム読みみたいな感じ。

子どもたち、どんどん声が出てきます。そして、どんどん上手になっていきました。
更に山場の部分で声を飛ばす練習です。高い音の部分がいいです。
合唱の発声をそこで教えます。

子どもたちの声がどんどん響くようになります。

僕の場合は、光る球がありますので、音楽室を真っ暗にして、歌わせます。
響くと光ります。

IMG_1499.jpg

どんどん盛り上がってきました。

教室半分に分け、挑戦させました。
すると更に響く響く。

そうやってなんだか盛りあがってしまいました。
本当に楽しかったです。

うれしかったのが、みんな一生懸命声をだしてくれたこと。
そのことをほめ、ありがとうと言いました。

 学校を代わり、初めての授業。三クラスとも、本当に楽しかったです。みんな声を出してくれました。そのことがうれしかったです。

 これからどんな風に歌声が変わっていくでしょうか。
本当に楽しみです。


nice!(2)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校