So-net無料ブログ作成

地球は「行動の星」だから、動かないと何も始まらないんだよ [本]

斎藤一人さんのオーディオブックが出ると、つい購入してしまいます。

今日購入したのはこれ。

地球は「行動の星」だから、動かないと何も始まらないんだよ。

地球は「行動の星」だから、動かないと何も始まらないんだよ。

  • 作者: 斎藤一人
  • 出版社/メーカー: サンマーク出版
  • 発売日: 2015/01/07
  • メディア: 単行本

 思っているだけでは、実現しない。
 行動しないと、何も始まらない。

 当たり前のことですが、僕が常々思っていることを斉藤一人節で語られると、うれしくなります。

 自信がないのは、過去に「負けグセ」があるから。とあります。

では、「勝ちグセ」をつけるにはどのようにしたら良いのでしょうか。

 それは、小さな目標を持ち、地道にコツコツ行動していくしかないのです。
 それをゲームと考えて、小さな達成感を積み重ねていくのです。

「目標というのは”低く”が鉄則。夢は小さく努力は大きくだからね。そうすると、すぐかないます。そうすればまた、次の夢が持てるんです。そうやって成功を連続させていると勝ちグセがついて、無敵になるの。」

 勝ちグセというのは、確かにあると思います。
 
1億円ためようと思うのではなく、100万円を100回ためようと思う。
すると、100回のお祝いができる。(ノーミソの記憶)

 「真の成功」とは「成功」が連続していくことなのです。
すると、それが自信となっていくのです。

 何事も、まずは「やってみる」。
単純明快です。

「この星は、思ったことがかなう星ではありません。思ったことが正しいかどうか、それを行動に移してみて、うまくいったらそれは正しい、うまくいかなかったらそれは間違いである、ということがわかる星なんです。そのためには、まず人に聞くのもいいし、勉強するにもいい。けれどいずれにしても行動ありきなんです。行動しながら自分にとっての正しい道を選ぶの。成功とか、楽しさとか、しあわせとか、そういうのを探す星なんだよね。」(本文より)

 斉藤一人さんは、僕をいつも生きる根本に戻してくれます。

「私が毎日大切にしていることは、この人生を今日も楽しんだかなということ。そして、人に親切にしたかなということ。この二つです。」

 いいこと聞いたなあ、ではなく、この二つを行動していきます。


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校