So-net無料ブログ作成

二つの大好きなこと [幸せに生きる]

  今日は久々に走って帰りました。
 僕の車の中には、いつでもランニングができるよう、着替え一式が乗せてあります。(ちなみに、お風呂用具一式も)
 僕の車は、いつでもどこでも好きなところから、ランニングがスタートできるようになっているのです。

 仕事が終わってから、サササっと着替え、ランニングで帰りました。

 余裕がないから、走らない。
 走らないから、心に余裕がなくなる。
 この循環を断ち切るためです。

 久々に走ると、やはりいいです。別の流れの時間が持てます。
 固い心が、だんだんと柔らかくなっていくのを感じます。

 昨日「弛緩」という記事を書きましたが、僕にとってランニングは、心を緩める時間なのかもしれません。

 二つのことを持っているといいみたいです。

 合唱は楽しいけど、アドレナリンがビンビン出ています。
 ランニングは、心がリラックスムードになります。(けど、アドレナリンが出ているって説もあります。僕の場合はゆっくり走っているからかな。)

 二つの大好きなことがあって、しあわせです。

 その二つは、いつまでやっても飽きることはありません。それもしあわせです。


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

弛緩 [幸せに生きる]

  今日は、自分の中に限界が来たな~と感じた一日でした。
 一つのことが入ると、前のことが頭から抜けていきます。
 自分の中が満杯になっています。カチンコチンと緊張しています。
 だから、ちょっとの揺らぎで、感情が飛び出てしまいます。
  こんなことが自分でわかります。

 お~、まずいまずい。

 つめすぎました。
 弛めてあげましょう。
 こういう時は寝るに限ります。
 お休みなさい。

 人間の体は緊張と弛緩が表裏一体です。ぐっと緊張しないと緩まないし、緩まないと最大の緊張は生まれません。仕事も同じで、リラックスがないと最大の集中は生まれません。
 佐久間俊行


nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

地道にコツコツ [幸せに生きる]

  日々、たくさんのことを並行して行なっています。
大きなのは、下の二つです。

定期演奏会の準備と練習
声楽アンサンブルコンテスト全国大会の準備と練習

 日々、家に帰ってから、第二の仕事が待っています。

 そしてさらに、ビッグな依頼が舞い込んで来ました。来年度に関わる依頼です。

 加速度的に、いろんなことが日々起こります。

 すごい年です。
 こういう年もあるんですね。

 でも大切なのは、地道にコツコツです。浮かれてばかりではいけません。
 こういう時こそ、きちんと地に足をつけ、今までの積み重ねを継続していく必要があると思います。

 地道にコツコツ。
 目の前のことを一つ一つしっかりとやっていきたいです。 
 それが、本当のチカラを育むことにつながっていくのだと思います。


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

卒団生へのプレゼント [合唱]

  今日は、がんばりました。
 まず、卒業式の歌の練習用CD作り。
 いよいよ6年生の卒業式の歌の指導に入っていきます。

  それから、一番がんばったのは、卒団生へのプレゼント作りです。
 毎年、一人ひとり、一番楽しかった思い出のポスターに本人の写真を入れてプレゼントしています。
 値段はかかってませんが、手間はかかっています。

2016-02-21 18.20.29.jpg

 一人ひとりのことを考え、作りました。
 すると、一人一人の思い出がよみがえって来ました。

 小さい2年生、3年生の頃の姿を思い出します。みんな小さかったなあ。でも、いつも一生懸命うたってたなあ・・・。4年生、5年生、6年生で入った子もいます。そのたびに、うれしい思いをしました。この学年は、少しずつ人数が増えていった学年でした。

 みんなで熱くがんばりました。おとなしいですが、でも本当によく行動してくれる6年生でした。

 毎年のことですが、この時期は、切ない気持ちになります。
 今までがんばってきた6年生。本当によくやってくれました。
 
 ただただ感謝しかありません。一人ひとりに感謝です。

 定期演奏会まで、あと2週間となりました。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

勉強になりました!福井県合唱フェスティバル [合唱]

  今日の午前は合唱練習。そして午後は福井県に行きました。
 福井県合唱フェスティバルを見に行ったのです。
 これは、平成27年度の福井県合唱連盟行事で優秀な成績を収めた団体が演奏を披露するのです。
 下は小学生の団体から、上はおとなの団体まで。様々なグループの合唱を聞くことができました。

 本当に勉強になりました。

2016-02-20 18.46.44.jpg

  様々な年齢層の合唱を聞いて思ったことがあります。
 それは、小学生の輝くような発声から、中学生、高校生、大人になるにつれ、だんだん発声が深くなるということです。
 しかし、団体によっては、声に魅力のある団体とそうでない団体がありました。どの団体もきれいなのですが・・・。
 声ってすごく大切だなあと感じました。聞いて心地のいい声。明るい気持ちになる声。心が清らになるような声。そんな声が大切だと思いました。

 次に曲づくりです。いくつか聞いたことのある曲がありました。同じ曲なのに、まったく違って聞こえました。それはいかにこだわって曲をつくったかどうか。楽譜をよく読みこみ、味付けをしっかりとしたかどうか、そんな違いなのかなと思いました。

 三番目に、聞いていると、歌いこんでいるかどうかということがよくわかりました。そういうところは声や音程に安定感があるのです。練習量が、歌によく現れると思いました。

 最後に、聞き流してしまう演奏と、思わず引き込まれるような演奏があるということです。次はどうなるのだろう・・・曲の中の世界に引き込まれてしまう演奏がありました。
そんな演奏は、聞き終わった後、「あ~~、いいものを聞いたなあ。」と満足感でいっぱいになります。おいしい料理を食べた後、しばらく後味の余韻を楽しむような気分になります。「本当にすばらしかったなあ」って誰かに話したくなるような演奏。そんな演奏が、いくつもありました。

 今日は、演奏を楽しむと言うより、審査員のような視点で聞いている自分がいました。そして、いいものは、やはり良い!!ということがはっきりとわかりました。

 そんな意味で、演奏会はある意味、こわいものだなあということも感じました。特にコンテストやいろんな団体の出るこういう演奏会は、その良し悪しがわかります。

 来るべき声楽アンサンブルコンテストは、全国から、各県の優秀な団体が集まります。ある意味こわいです。しかしそれに負けていてはいけません。
 練習あるのみ!!です。

 とっても刺激になった演奏会でした。

 がんばろうって、元気をいただきました。
 ありがとうございます。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校