So-net無料ブログ作成

アンサンブルコンテストは自立への道 [合唱]

 アンサンブルコンテスト当日には、子どもたちに様々なことが要求されます。

・分刻みの行動
・いつでもどこでも歌えること
・一発本番のステージ

 以上のことを自分たちでクリアしなければならないのです。

 本番では、僕は客席にずっといるつもりです。ステージの上にはあがることができないからです。

 Nコンでは、子どもたちのそばで、いろんな声かけをしたり、気分を高めたりしていました。しかし、今回は、完全に子どもたちの力で乗り切っていかなくてはなりません。

 それに備えて、日々いろんなことに取り組んでいます。

 一昨日は、昼休み、外で歌わせました。子どもたちが雪合戦をしている中、アンサンブルチームの子どもたちは歌いました。

 昨日と今日は、講堂のステージで歌いました。入場も退場も本番を意識させました。

 ただし目の前では、たくさんの子どもたちが鬼ごっこやボール遊びをしています。そのような状況で動ぜず歌えることが大切だと思っています。歌の世界に入ることが大切だと思います。

 歌声は、子どもたちの遊ぶ声にかき消されます。でも、響きのある声は飛んできます。このような状況でも届くように響きを作ることが大切だと思います。

 今日は、何人か聞いてくれる子が出てきました。

 日々、いろんな状況で歌いこんでいくしかありません。
 それが、子どもたちの「自分達で」という力を伸ばしていくものだと信じています。

 アンサンブルコンテストは自立への道です。

 アンサンブルコンテスト、3日後に迫りました。


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校