So-net無料ブログ作成

ささやかですが、ステキなドラマがありました [合唱]

  いよいよアンサンブルコンテストが、4日後に迫りました。
 全部で4チーム出ます。
 全部で4曲歌います。それぞれ大きな課題があります。

 6年生だけで歌う歌もあります。毎年歌い継いできた「いのちの歌」です。
 この曲も課題山積です。
 ハーモニーがうまく行かないところが数箇所。
 そして一番の問題点は、アカペラで歌う部分です。ボーカルの子とバックコーラスのバランスやハーモニーがうまく行かないのです。

 今日、放課後、特別に30分だけ、6年生だけの練習をしました。
 朝はうまく行かなかったのに、放課後の練習ではうまく行きました。

 気分をよくし、完全アカペラで歌わせました。するとこれもうまく行きました。(もちろん細かいところはたくさん問題がありますよ。)

 最後のまとめ、子どもたちが「誰か先生に聞いてもらいたい」と言いました。
 そこで、6年生の担任の先生を一人お呼びして、聞いてもらうことにしました。
 副団にお願いに行かせました。

 お忙しいのに、来てくださいました。

 講堂のステージで、本番のように歌わせました。ただしアカペラです。
 すると、なおったはずのうわずりや、ハーモニーのくるいが見られました。
 力むとなるんですね。明日は重点的にその点の指導のやり直しです。

 さて、一言感想をお願すると・・・

 6年生の先生、涙ぐまれながら
「ありがとう。」と言ってくださいました。

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

 講堂に静かな時間が流れました。

 6年生の団員たち、どれだけうれしかったことでしょう。僕も胸がいっぱいになりました。

 6年生の先生から、最大級のプレゼントをいただきました。
 
 子どもたちしあわせです。
 心の糧にしていってほしいです。

 コンクールに向けての練習では、様々なドラマが生まれます。一つの目標に向かってがんばるから、それだけ心も揺れ動くのかもしれません。今日もささやかですが、ステキなドラマがありました。

 本当に心から感謝です。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校