So-net無料ブログ作成

歌は、思い出まで残してくれました [合唱]

  今日は、今年最後のアンサンブル練習でした。
 午後、OGの先輩が4人来てくれました。2年前、アンサンブルコンテストで全国行きを決めた先輩です。
 いま6年生が取り組んでいる「いのちの歌」で全国行きを決めました。

 そのOGにお願いし、「いのちの歌」のパート練習をやってもらいました。

 その後、6年生に混じって歌ってもらいました。

 するとすばらしいハーモニーが生まれました。
 
 音をとり始めた6年生にとって、よい経験になったのではないかと思います。本当に感謝です。

 最後にみんなで「サウンドオブミュージックメドレー」を歌って終わりにしました。

 練習後、何か歌いたい!というので、OGの子だけ残し、好きな曲を歌ってもらいました。

歌ったのは、千寿さんとの初のコラボ曲
「君だけの空」
その後、
「手紙」
「未来を旅するハーモニー」
「わたしが呼吸するとき」
「いのちの歌」
「ねがい」・・・その他

 僕も一緒に歌いました。
 歌うごとに、その当時のことが思い出されました。

OGの口からも、いろんな思い出が飛び出しました。

「ソアーベのコンサート見に行ったっけ。」
(昔は、「僕が大好きな合唱団だ」って言って、毎年のようにソアーベの定期演奏会に団員を連れて行きました。)

「ラーメン食べたの思い出した。」
「バスに乗って、遠いところで歌ったね。」
「大きいウルトラマンのいるところ。」
(CBCコンテストのことでしょう。初の県外遠征でした)

「マクド食べたね。」
「車に乗って、地下道とおって、電車に乗って、遠いところへ行った。」
(これはどこだろう。昔は、大阪でのNコン講習会や東海北陸ブロックへも連れて行きました。)

 とにかくその当時は、いいものを聞かせたいと思い、いろんなところへ連れて行きました。
 
 OGの子は3年から長い子で5年間、合唱団に在籍した子どもたちです。いろんな体験をしたはずです。

断片的な記憶がどんどん出てきます。
食べ物のことがたくさん出てきたのは、おもしろかったですが。

 歌とともに、なつかしい思い出がたくさん心の中から飛び出してきました。
一緒に歌ってきた歌は、思い出まで残してくれたようです。歌はいいものだなあと心から思いました。
. なんだかとてもしあわせな時間でした。

ps.今だに胸がキューンとする曲、合唱団結成時、初めてNコンで歌った曲、「未来を旅するハーモニー」をアップします。