So-net無料ブログ作成

アカペラの指導メモ [合唱]

  今、アカペラの曲を練習しています。
 何せ初めてのことなので、手探り状態で、指導しています。
 各パートの音取りは終わりました。
 最近まで、スコアメーカーの補助音をつけた状態で練習していました。

 そしてようやく、補助音なしの練習に突入しました。

 するとこんな問題が出てきました。

 ハーモニーができないところ多数あり

 原因は以下の2点です。
1.ところどころ、音が分からなくなること 
2.音が下がる子がいること

 そこで、学生時代ずっと合唱をしていた先生に、その解決策を聞いて見ました。するといろんなことが見えてきました。自分のためにも、記録として残します。

1.ところどころ、音が分からなくなることの解決策
 歌には、文章で言う段落の変わり目のようなところがあります。転調しているところとか、旋律が変わるような場面です。その場面の最初の和音を伸ばす練習をする。何度も繰り返して練習していたとのこと。
 頭さえわかれば、あとはその流れに乗って音がわかります。

2.音が下がる子がいること
 例えば、自分ではラの音を出しているつもりですが、音が下がって聞こえる場合があります。その原因は2つ。
1つ目・・・お腹が使えてない場合。息が不足し、音程が下がります。
2つ目・・・声のポジションが上にあがってない場合。
 合唱の場合、一度声を頭の上にあげ眉間の間から出すという意識が大切です。その意識がないと音が下がります。では、その解決策です。
 こんなことを子どもたちに言っても難しいので、以下のように指示します。

・姿勢・・・モデルのように立つ
・ほっぺをあげる
・まゆをあげる
・頭の上から前に出す。

 こうすることで上へ上へという意識を持たせるのです。これらは、ほぼ僕が普段言っている事と同じでした。

 アカペラは、ピアノ伴奏がありません。頼りとなるのは、自分自身です。だからこそ、基本に忠実にいかなくてはいけないのだなと思いました。
 逆にアカペラがきちんとできるようになれば、基本が習得できるということです。
 わが合唱団にとって新たな挑戦です。
 手探りだから、逆におもしろいです。


nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校