So-net無料ブログ作成

級外の楽しさ [授業]

 級外の楽しさというのを感じています。
 僕は、4年生の理科と4年生~6年生の音楽を持っています。
 
 4年生~5年生は、3クラス。6年生は4クラスあります。
 同じ事を教えるのですが、その反応の違いに驚きます。その違いがおもしろいです。盛り上がるクラス。そうでないクラス。様々です。
 そこから、その違いに合わせる能力が、自分の中についてきているような気がします。
 市販の服を着せるのではなく、オーダーメイドの服を作っていくのに似ています。そのためには、サイズを測るように、子どもたちを観察していく必要があります。それが少しずつわかってきたのが、おもしろいです。

 僕の授業は、同じ内容でも、クラスによって雰囲気が違っているかもしれません。

 さらに、同じ事を3~4回教えるうちに、教え方の改善点が見えてきます。最初のクラスではうまく行かなくても、回数を重ねるごとにうまくなっている自分を感じます。その上達を感じられるのもおもしろいです。

 学担時代は、自分のカラーで、どんどん子どもたちを育てていく楽しさがありました。
 でも今は、子どもたちのカラーで、どんどん自分を育ててもらえる楽しさがあります。

 級外で出会う様々な子どもたちは、僕を育ててくれています。


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校