So-net無料ブログ作成

6年生の音楽 [授業]

  小学校5年生までは楽しく歌ってくれる子どもたちですが、2学期以後の6年生の音楽は、毎年苦戦しています。あまり歌ってくれなくなるのです。

 一つは声変わりがあります。すると高い声も出ず、音程も安定しなくなり、歌が好きでなくなるようです。
 もう一つは、思春期に入り、歌うことに抵抗を持つ子が現れることです。
 5年生までは、楽しそうに歌っている子も、この時期になると口をあまりあけなくなる傾向があります。

 そんなことを打開できないかと、今、音楽の授業で、各クラスが合唱曲を選び、取り組んでいます。実行委員会を作り、合唱祭を計画しています。

 中学校の合唱コンクールの練習になればという気持ちがあります。また、クラスの団結にもなればと思っています。

 そんな6年生の音楽の授業のとき。
 そのクラスが選んだ合唱曲を練習していたときのことです。

 最初、よそ見や口をあけない子が何人もいました。
 ぼくは一生懸命、子どもたちの顔を見ながら指揮をしました。
 指揮をしているうちに、少しずつ目があってきました。
 少しずつ少しずつ口が開いてきました。
 少しずつ少しずつ、いい歌声になっていきました。
 
 少しずつ少しずつ一体になっていく感覚がありました。指揮をしながら、だんだん胸が熱くなっていきました。

 こんな体験は初めてです。何もしゃべらず指揮をしているうちに、少しずつ少しずつ歌声が作られていく体験。

 感動したことを子どもたちに伝えました。
 ありがとうと言いました。
 歌ってくれたことに感謝しました。

 この子達は、2年生の頃からずっと知っています。低学年のにぎやかな頃もよく知っています。しかし、6年生になれば、6年生っぽくなってしまいます。

 6年生の音楽、難しいです。
 4年生が直球なら、6年生は変化球です。だからこそ、学びになります。
 より良い音楽の授業をつくっていきたいです。