So-net無料ブログ作成

量質転化の法則 [授業]

  昨日、久々に読んだ(聴いた)オーディオブックの中で、僕の腑に落ちる点がありましたので、書いて見ます。
「絶対達成マインド」のつくり方と言う本です。

絶対達成マインドのつくり方――科学的に自信をつける4つのステップ

絶対達成マインドのつくり方――科学的に自信をつける4つのステップ

  • 作者: 横山 信弘
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2012/11/02
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

 この本の中で、なるほど~~と思ったのは、以下の点です。

 大切なのは、モチベーションではありません。
 「モチベーションは100%必要ない」。
本書の著者はそう断言します。

 これは、今年の合唱団の指導を通して感じていたことです。
 今までの僕は、練習に挑む際のやる気とかモチベーションが大切だと思っていました。
 やる気のなさそうな態度だったら、注意していたりもしました。

 しかし、今年の僕は、とにかくやる。
 笑顔で、でもやることはどんどんやる。
 こういう姿勢で練習に挑んでいました。

 するとどうでしょう。日によって最初は乗り気でなさそうな子どもたちが、やっているうちに、どんどん乗ってくるという現象を何度も体験しました。

 本作品の著者、横山信弘氏は、思考を「あたりまえ化」するだけで、
やりたいことを「絶対達成」できるようになる
といいます。

 その練習が当たり前になってきた頃、子どもたちが変わっていきました。歌声や歌う態度が、どんどん変わっていく現象を眼にしました。

 とにかく量をやる。それが当たり前になるようになるまでやる。すると量が質を変えていきます。

 どんな子どもたちも良くなりたい!成長したい!という気持ちはあります。しかし、日によって気持ちの浮き沈みはあるものです。おもしろくなさそうな顔をしているときだってあります。そんな時、お説教よりも、

 笑顔で、でもやることはどんどんやる。
この方がずっといい!ということがわかりました。

 そういえば、量質転化の法則というものがあります。
 以下のように定義されています。

“量的な変化が質的な変化をもたらし、また質的な変化が量的な変化をもたらす。”
 (三浦つとむ著「弁証法はどういう科学か」より引用)

わかりやすく言えば、
量をこなすにつれて、質が上がっていく。
 質が上がれば、量をこなせるようになっていく。
という意味です。

プロ野球選手を例にしてみると・・・。

プロ野球選手は、最初から野球が上手かったわけではなく、
 子供のころからハードな練習をこなして、ようやくプロになれた。
 (量→質)

また、レベルがあがれば、最初はきつく感じたハードな練習量も、
 難なくこなせるようになれる。(質→量)

これが量質転化です。

 最近、僕の授業も少し変わってきました。おもしろくなさそうな顔をしていても、お説教ではなく・・・
 笑顔で、でもやることはどんどんやる。
 
 すると、いつの間にか、楽しそうな雰囲気になり、乗ってくるときもあります。

 いくつになっても、学びはたくさんあります。奥が深いです。


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校