So-net無料ブログ作成

二者択一 [授業]

  卒業式が近づいてきました。
 歌の指導の前、今の4,5年生によくしている「二者択一」について書きます。

 来週には、卒業式の練習があります。
 そこでは、君たちを5,6年生として扱います。
 なぜなら、在校生の歌をリードするのは、君たちだからです。

 そこで、みんなに聞きます。
 どんな高学年になりたいかな?

 2通りの高学年がいます。

 一番目は、口を大きく開け歌い、歌う姿も立派であこがれの高学年。
 二番目は、やる気を感じない。ふらふらした態度で、あんな先輩にはなりたくないなあという高学年。
 どちらの人も実際にいます。
 みんなはどちらの先輩になりたいですか?

 目を閉じて手を上げてください。
 1番目のあこがれの高学年になりたい人?

 たくさんの子の手が挙がります。

 では2番目のああいう先輩にはなりたくないという高学年になりたい人?
 ほとんどの場合、手が挙がりません。(たまに上げる子がいてもかまいません)

 目を開けてください。
 ほとんどの人が一番目を選んで、うれしいです。
 そう思っているみんなは、そんな高学年になれる可能性があります。

 大切なのは、その気持ちを行動に表すこと。
 では、卒業式の歌の練習を始めましょう。

 子供達は、真剣に歌の練習に取り組んでくれます。
 何をするにしても、子供達に、二通りの自分をイメージさせ、選ばせてから練習すること。とても大切なことだと思います。
 何かのお役にたてばと思い書きました。


nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校