So-net無料ブログ作成

ごんぎつね [その他]

  国語の教科書に「ごんぎつね」という物語があります。
僕は、このお話が大好きです。

 ごんは、ひとりぼっちの小ぎつねで、しだのいっぱいしげった森の中に穴(あな)をほって住んでいました。そして、夜でも昼でも、あたりの村へ出ていって、いたずらばかりしました。

 ごんがいたずらをするのは・・・・

 ひとりぼっちだから。
 友だちが欲しいから。
 もっと違う関わり方をすればいいのに、いたずらで気をひこうとしているのです。

 生徒指導としていろんな子供達に対応していると、子どものなかにも、そんな子はいます。
 ともだちになりたいのに、いたずらばかりしてしまう子。
 いやなことを言ったり、悪口を言ってしまう子。
 そんな子を見ていると、ごんぎつねのお話しを思い出します。

 小さい間はいいのですが、大きくなっていくに従って、本当のひとりぼっちになってしまいます。そんな子を見ていると、ごんぎつねを見ているようで、いとおしくなります。
 その子も、ひとりぼっちだということを自覚していきます。周りの見えない壁に気づき、傷ついていきます。そんな子を見ていると、またいとおしくなります。

 「そんなごんぎつねのようなある子が、ともだちに優しいことをしました。」という内容の小さなメモが、僕の机にありました。
 ごんが、栗やまつたけを持っていったように。
 その子のことを考え、その情景を想像すると、何だか胸が熱くなり、涙が出そうになりました。

 ごんは、気づかれずに、銃でうたれてしまいました。でも、そのメモを書いた先生は、気づいています。僕も、一緒に気づいてあげたいです。

 僕は、ごんぎつねを優しく包み込めるような人になりたいなあ。ごんをやさしく包み込めるような集団をつくっていきたいなあ。

 そんな生徒指導の先生になりたいです。


nice!(14)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校