So-net無料ブログ作成

銀歯が教えてくれたこと [幸せに生きる]

 今日、お餅を食べていたら、右の奥の銀歯が取れてしまいました。
実は、僕は、そこでしか硬いものをかめないのです。

 さあ、奥歯のなくなった今、不便でなりません。食事を十分にかめない今、奥歯のあったことのありがたみを、ひしひしと感じています。

 ありがたいは、漢字で書くと「有難い」となります。有ることが難しいことを、ありがたいというそうです。
 僕は今まで、奥歯があるのは当たり前だと思っていました。でも、なくなった今は違う気分です。奥歯があったことは、有難いことだったのです。

 そう考えると、当たり前だと思っていることが、すべて有難いことなのかもしれないなあと思えます。

 家があるのは、有難い。
 仕事があるのは、有難い。
 奥さんがいるのは、有難い。
 合唱ができるのは、有難い。
 生きているのは、有難い。

 当たり前の意識から、有難いの意識にシフトすると、すべてが有難く思えます。
 そして、今僕は幸せなのだということに気づきます。

 銀歯が教えてくれたことです。


nice!(14)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校