So-net無料ブログ作成

ひっさびさに音楽以外の授業をしました [幸せに生きる]

  今日も学担代理としての一日を過ごしました。
 今日は、僕が授業を進めることになりました。
国語と道徳の授業をしました。

国語は、単発で終わる「漢字の広場」というページをやりました。
出てくる熟語を使って、「学級日誌に書くような短文を作る」という勉強です。
僕にとっては、ひっさびさの国語の授業です。
でも、これが楽しかったのなんのって。

まず漢字の音読から始まり。
短文の作り方を説明。
できた子には発表。
そして、次からは、書けた子から順番に僕のところに持ってきてマルをつけてもらう

という内容にしました。

次のような観点で得点を書いていきました。

文になっている・・・1点
熟語2つ使っている・・・+1点
学級日誌に書くような文になっている・・・+1点
うっとりするようなきれいな字・・・+1点
思わずうなってしまうすばらしい文・・・+1点

5点満点です。

ルール
 5点満点の場合、みんなの前で文を音読すること
 静かに並んで待つこと。
 先生のつけた点数に文句をいわないこと。

 これが予想以上に楽しかったです。
 まず点数をつけてもらうことを、子供達が結構喜んでくれていたこと。
 傑作の文がいくつもあったこと。
 受け狙いのおもしろい文もいっぱいあったこと。
  例・ムッシュ先生が音楽の時間、合唱のすばらしさを世界に広めようとしていた。他

 お腹を抱えながらのまる付けでした。
 子供達も喜んでくれていたようです。

 次の時間の道徳は、仮説実験授業のミニプラン「見れども見えず」です。
 これは、楽しさ保証済みの楽しい授業です。
 人間関係で悩みだすであろう高学年の子供達に、「多面的なものの見方があるよ」ってことを教えるのに、とってもいいプランです。
 感想を書いてもらったところ、これもとっても喜んでくれました。

 2時間の授業をして思ったことがあります。
 それは、
「僕は今まで、楽しさというパイプで子供達とつながってきたんだなあ」
ってことです。
 子供達に力をつける。伸ばしていくってことも大切ですが、楽しさって、すごく大切なことなんだってことに改めて気づきました。

 3日間の臨時担任でした。毎日のまる付けや給食指導など大変でしたが、学担って、やっぱり楽しいなあと思いました。

 僕が楽しくやれたのも、休まれた先生の普段の学級経営のたまものです。
 本当にいい子供達でした。
 楽しい3日間、ありがとう。


nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校