So-net無料ブログ作成

挫折体験には意味がある [幸せに生きる]

 昨日のアンサンブルの結果は、正直、こたえました。あれだけがんばったのに、結果が報われなかったこと。子どもたちにとっては、なおさらのことでしょう。

 しかしあの結果は何らかの意味があるはずです。単に結果だけに終わらせず、これからの自分や子どもたちにとって意味のあるものにしたいと思っています。

 自分自身、「かつての挫折経験が、今となっては大きな意味があったなあ」と思えることがいくつもあります。

 そこで、僕自身の「がんばったのに報われなかったこと」と、「現在から見える意味」について書き出してみます。

・高校受験失敗
 自分なりに努力していたつもり。でも前日緊張して眠れず、当日ヘロヘロの状態に。そしてみごと失敗。

意味
 努力していたつもり・・・実は「つもり」だけで行動していなかったことがわかりました。
 体調管理の大切さを学ぶ。
 何よりも、失敗したお陰で、僕のテングの鼻をへし折ってくれたことは、僕にとってよかった。
 その後、本格的に勉強をやり、大学受験はすべて合格。
 今ではこの出来事に感謝している。

教員採用試験失敗
 2回目の試験、かなり勉強し、合格する手応えもあったのに、不合格。

意味
 翌年は講師を断り、だめだった別の道へ!という背水の陣をしき、勉強に専念。そして合格。
・教師になる!という強い意識ができた。
・大学受験に続き、挫折からの成功体験を味わうことができた。
・成功のための方法を再学習することができた。
・この苦労があったからこそ、教師をがんばろうという意識で今までがんばってこれた。

・学級崩壊
 自分の実践に自信を持っていた39歳。6年生の担任をしているとき、まさかの学級崩壊。なんとか立ち直そうと努力したが、結局浮上せず、卒業させてしまったこと。

意味
自分自身を見直し、死んだつもりで生まれ変わることを決意。
新しい実践を貪欲に学び、合唱指導を始める。
心と体を鍛える意味でランニングを始める。
このおかげで、新しい世界がいくつも開けた。

 まだまだがんばったけど、報われなかったことは、山ほどあります。

 でもそのたびに、それらの出来事は僕に「生まれ変わってがんばろう」という気持ちにさせ、新しい自分に成長するきっかけとなっています。

 挫折体験は、結局今の自分に必要なパズルのワンピースだったことがわかります。

 そして、今の僕の自信になっているのは、成功体験よりも、むしろ挫折を乗り越え、新しい自分になろうとあえぎながら努力したことにあると思います。

 今回のアンサンブルでの体験も、次の成長につながるパズルのワンピースにしていきたいです。

 それにしても、今、重くやるせない気持ちが圧し掛かっていることは事実です。再起するためには、今しばらくエネルギーの補給が必要なようです。

 でも、自分自身や子ども達のためにも、このままでは終わりません。