So-net無料ブログ作成

歌声って奥が深い!人生が見えるようです [合唱]

 ある先生に、うちの合唱団の歌声を聞いていただきました。
すると、声にパワーがあるとほめていただきました。しかし、発声が暗いと指摘されました。のどの奥が空きすぎているのです。
 前々から気になっていたことでしたが、やはりそうでした。

 そこで今は、発声を明るくすることに取り組んでいます。その方法とは、ずばり笑顔。具体的には、ほっぺを上げ前歯が見えるように歌えば、明るい発声になるのです。
 今は、鏡を見ながら、歌ってもらっています。不思議ですが、そうすると明るい発声になっていきます。

 歌声というのは行ったり来たりです。

 まずは喉の奥を空ける事。とても大切なことです。でもやりすぎると、大人のような発声になってしまいます。まじめな歌声です。

 笑顔になることで、明るい歌声になります。でもやりすぎると、喉声の聞き苦しい声になってしまいます。

 まじめなことと笑顔の両方を、ほどよくやる必要があるのです。

 それは、教師として子どもに接する場合にも言えることだと思います。
 まじめだけでは、硬直してしまいます。時には笑顔の息抜きや癒しの時間も必要。

 生き方にも言えることです。
 まじめだけでは、苦しい。笑顔も必要。

 歌声って奥が深いです。人生が見えるようです。
 いろんなことを考えさせられます。
 だからおもしろいです。

 心地よい歌声には、まじめと笑顔をを行ったり来たりするように、心地よい生き方も、その両方を行ったり来たりするのがいいのかもしれません。


nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校