So-net無料ブログ作成

ステキな歌のテストの時間でした [授業]

  今日は4年生のあるクラスで歌のテストをしました。
 歌のテストは、今まで一人一人歌わせるようなことはしていませんでした。数人で歌わせたり、みんな歌う中で歌声を聞き、それでよい歌声の子をチェックしていたときもありました。
 しかし今回は、一人一人歌ってもらうことにしました。

 歌ったのは「もみじ」
  もちろん、歌う前にこんな注意をしました。

 一人で歌うって事はたいへんなことです。音が外れることもあります。小さな声の場合もあります。でも、たとえどんな歌声でも、応援の気持ちで聞くこと。
 それは、リレーで走る人が、たとえどんな走り方でも応援することと一緒です。

 そうやって一人一人歌ってもらいました。なんと一人を除いて全員が歌えました。
 そして新しい発見がありました。それは、
 この子は、こんなに上手だったのか!!という子を何人も発見できたことです。

 全員で歌っている中ではわからなかった子が何人もいました。

 あとで感想を聞いてみました。すると・・・

みんなで歌うと、安心。声も出る。
一人で歌うと、緊張する。声が震える。

 でも楽しかったという子も少なからずいました。

 みんなで歌うことにすばらしさと、一人で歌うことの大切さをお話しました。

みんなで歌うと、安心だし、自分の声を引き出してくれるんだよ。
でも、一人で歌うことも大切。一人一人が声を出そうと意識して合わさった歌声は、すばらしいものになるんだよ。

 そうやって、最後にみんなでうたった「もみじ」の歌声は、今まで以上に声量のあるすばらしいものでした。

 みんなこうやって一人一人が歌えたのは、君たちが自分の声を出しても大丈夫なようなステキなクラスだからだよ。と言って終わりました。

 安心できる仲間のクラスだったら、こういう歌のテストも可能です。
 ステキな歌のテストの時間でした。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校