So-net無料ブログ作成

午後は、金沢大学附属小学校の研究発表を見に行きました [授業]

  続けて記事をアップします。

 午後は、金沢大学附属小学校の研究発表を見に行きました。
音楽の授業を見に行ったのです。附属の音楽の先生の指導。前からずっと見てみたいと思っていました。すごいオーラのある先生でした。

 5年生の器楽の授業でした。「A列車で行こう」を演奏していました。

 学ぶことがたくさんありました。メモを掲載します。

***********************************************

聴く力と基礎基本を重視

授業の導入・・・3年生の時からスティックを持ってリズムをきざむ練習をしている。

★問いがつながる授業への手立て
・聴き比べの活動を取り入れる
  聴き比べをする場合→同じ音源でやる等、共通項がある方がいい。

★心動かされる音楽と出会わせる。
・「A列車で行こう」の場合。
 映画・スウィングガールズの映像を見せた。この映画の映像は子供達にとって衝撃であった。

 自分たちと圧倒的に違うものと出会わせる。でも、ちょっと手を伸ばせばできること。そんなものと出会わせると良い。

★子供達の心とつながる方法
・一人ひとりほめていく。(でも、怒るときは怒る。)
・振り返りを書かせている。(変だなあと思ったり、この時だと思ったときには振り返りを書かせる)
 これが、自分の指導を振り返る大切な手段となっている。

★いいものでないと問いは生まれない。
・音楽の授業では、いいものを目指すことが大切。

●問いを生むためには
・基礎基本。(音楽は言葉+それを実現する技能が必要)
・良い物を与える。サンプル(映像)・・・今の自分と比較し、自然と問いが生まれる。
・発表するとき、「どんなことを工夫したかを当ててください。」という問い。
・発表後、「わからないので教えて下さい。」という問い。

これらが音楽の授業で、考える子を育てていく。

 かなり自由度の大きい授業だと思いました。そんな授業は見ていて楽しいです。学ぶところも大きかったです。

 音楽の授業は、いいものを目指すこと。大切だと思います。地声で怒鳴るように歌っても、楽器を乱暴に演奏しても、時には、楽しくできますが、それらは、学校でやる意味があまりないと思います。

 いいものを目指すことで、より大きく深い楽しさが味わえると思います。また、自分達で問いを生むような音楽の授業はより楽しいだろうなあ。

 僕の場合「聴き比べ」これが、ヒントとなるキーワードでした。

 午後もやる気と元気をもらえました。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

映画『陽はまた昇る』 やる気と勇気を与えてくれました [感動映像]

  今日は、休日。朝、なんだかやる気の出ないスタートでした。
走りに行くのもおっくうでした。

 そこで、映画を見ながら、室内自転車にのることにしました。
見た映画は、『陽はまた昇る』
2002年に公開された日本映画です。

 これが、予想以上にいい映画でした。
 ぼろぼろに涙を流しながら、2時間以上も、自転車をこぎました。

 これは、VHSの開発プロジェクトの物語でした。

 日本ビクターのVTR事業部は不良品続きで返品が多く、不採算部門でいつ事業の解散が行われてもおかしくない状態でした。そんなビデオ事業部に異動することになったのは加賀谷静男(西田敏行)。しかし、加賀谷は内に情熱を秘め、新しい家庭用VTRを開発することを胸に誓います。
 そんな中、当時大学生の就職人気No.1の巨大企業であるソニーが革命的な家庭用VTRであるベータマックスを開発。国内で発売することを発表しました。

 VHSとベータ戦争。今でも覚えています。二種類の規格のビデオテープが入り混じり、レンタルショップでも、しばらく二種類のレンタルビデオが共存していました。

 しかし、いつも間にかベータのテープは消え、VHSが主流となって行きました。

 実話を元にした映画でした。手に汗握る展開が次々と起こりました。開発者の夢を実現していこうという物語でした。

 この映画の中で、心の琴線に触れるような言葉がたくさん出てきました。

桃栗三年、柿八年、夢は十年かかる。

 あきらめずに十年やることが、どんなに大変なことか。でもその大変なことを乗り越えた先に夢の実現が待っているかもしれない・・・。僕に勇気を与えてくれました。

易しいことを成功するよりも、難しいことを失敗していくほうが、強くなれる。

父から教えてもらった言葉だと主人公役の西田敏行の言ったこの言葉に、涙があふれて止まらなくなりました。

 成功・失敗ではなく、努力を繰り返すことの方が大切なんだ!そんな僕の思いを応援してくれる言葉でした。

 この映画は、もうだめだ!!限界だ!!と思っても、あきらめずにトンドン登りづめ、最後に成功を勝ち取る映画です。でも、泥臭く、人々の思いの詰まったドラマでした。

 本当にやる気と勇気を与えてくれました。
 一生懸命生きている人・夢へ向かって歩いている人を応援してくれる映画です。
 そして、もう一度夢を抱いてみようと思える映画です。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校