So-net無料ブログ作成

小学6年生の音楽にお勧め・楽器紹介映像 [授業]

 今、6年生の音楽では、鑑賞に凝っています。
木星の鑑賞で、次のような課題を出しました。

同じ旋律がくりかえし出てくるのに、どうして、感じが違うのか?
下の映像を見ながら考えてもらいました。

 結局答えは、

同じ旋律でも、
音の強弱が違う。
音の速度が違う。
音の高さが違う。
そして、これらは楽器が違っていることから生まれるもの。

こういう4つのことを見つけられればいいと思っていました。

 さて、結局、使う楽器によって、同じ旋律を変化させているのですが、どの楽器がどんな音を出すのか、ということも理解してもらいたいと思いました。そんないい教材はないか、ユーチューブで探してみました。
 すると、ありました。下の映像です。


 明日は、この映像に出てきた楽器を、教科書(教育芸術者)P68・69の「オーケストラの主な楽器」の写真と照らし合わせながら、チェックしてもらうつもりです。

 同じ旋律でも、楽器を変えたり、加えていくことで、曲想が変わっていきます。作曲家は、そんなことを考えながら作曲しているんですね。

 これらの鑑賞を通して、今やっている「風を切って」の合奏に生かせればと思っています。


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校