So-net無料ブログ作成

できるできないよりも努力していることを認めてあげたい。 [その他]

 最近、できる・できないにこだわるお子さんが多いように思います。

できればよし。できなければ恥じ。

歌を例にすると・・・
正しい音程で歌えればよし。音程が違えば、恥。

でも、そんなことは僕はどうでもいいのです。

それより大切なことは、努力していることだと思います。

正しい音程で美しく歌えることは、それはそれですばらしいことです。
でも、そう歌えなくてもいいと僕は思っています。そこからいかに努力するか、しているか、ということを評価してあげたいと思っています。

 もちろん、僕は、美しく正しい音程で歌えるように、いろんな方法を教え、できるよう援助しています。それに対して、一生懸命に努力していることを認めてあげたいと思っています。

正しい音程で歌えるようになっても、合唱の世界から離れてしまえば、そんなことはどうでもいいことです。でも、できるようになるために努力したことは、経験として残ります。

 世の中に出て大切な力は、できることではなく、できないことから、いかに努力するかということだと思います。失敗から立ち直り、できるようになるためにどれだけ努力していけるか。その姿勢だと思います。

 自分自身、これを意識していないと、つい、できたことばかりをほめてしまいます。そうすると、子供達は、できる子であろうと意識してしまいます。いい子であろうとしてしまいます。

 でも、それは、ちがうと思います。なんだか、子どもを型にはめてしまうような気がします。

 失敗してもいい。できるできないよりも、努力していることを認めていける人間でありたいと思います。そしてそこから得た成功体験こそが、自己肯定感を生むのだと思います。

合唱団の三つの決まりの一つが、「一生懸命できる子」です。

 一生懸命できる子を育てていきたいです。そして、自分自身もそうありたいと思っています。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校