So-net無料ブログ作成

今日は、児童音楽会でした。5年生の子供達、やってくれました!! [合唱]

今日は、児童音楽会でした。

5年生の子供達、やってくれました!

 午前中、最後のリハーサルで、こんな話をしました。

 今日は、5年生全員で一つになって勝ちたい!!合唱で勝つとは・・・

 お客さんを感動させること・あの子達、すごい!!という気持ちになってもらうこと。そして自分たちがやったーという気持ちになることです。

そのために
・やる気
・ていねいさ

この二つを大切にしてください。
野球やサッカーの試合を例にしてお話をしました。

やる気だけでは勝てない。野球だとていねいなバッティングフォーム。サッカーだと正確なパスなどの技が大切。

今、勢いのある声の出てきた男子に伝わればいいなと思い、こんなお話をしました。

今やる気は〇。あとはていねいな技です。
そのために・・・1.ピアノのところの表現(美しく)
          2.しっかり口を動かす。
           3.声を上に

 そんなことを言いながら、それぞれの問題の箇所となるところを練習しました。

そして、結論→指揮を見る
ということをお話しました。

  午前中から、ピアニストの先生に来ていただきました。そして、最終リハーサルは次のようにしました。

・入場から退場まで・・・説明しながらする。
・2回目・・・本番どおり

  2回目は、空き時間の先生に来ていただきました。
本番さながらのいい練習ができました。中には目頭を押さえておられる先生もいました。

 早い給食を終え、子供達は、バスで直行!!です。

 会場につくと、子供達はテンションが上がりまくりでした。大きな会場で、たくさんの人がいます。その雰囲気がそうさせたのでしょう。
順番が来て、ロビーで並ぶことも練習どおりできませんでした。想定していた場所より狭い場所で、120名あまりと人数が多いこともあったかもしれません。

 これは、まずいと思い、しゃべらないこと。とにかく落ち着かせることを意識しました。

 ステージに上がることも、人数が多いので時間がかかります。

 しかし、演奏が始まると、どうでしょう。全員の目が僕を見ていました。子供達の真剣な視線に応えられるよう、僕もしっかりとていねいに指揮をふりました。

uvs141024-001.jpg

 子供達は、僕の指揮をしっかりと見て、やるべき技を全部やってくれました。
 さらに最後は勢いのある声が会場を包みました。

 大成功!だと言っていいのではないかと思います。

 会場に戻ると、保護者の方々から、すごかったです。上手でしたという言葉をいただきました。

 前校長先生も、子供達の歌声をほめていました。その他、いろんな方々から、ほめていただきました。

 学校に戻ってからも、校長先生から、来賓の方々が、歌声を絶賛していたということを聞きました。

 今、録画した演奏を何度も聴きながら、この記録を残しています。総勢120名の迫力のある歌声が聞こえてきます。学年合唱は、合唱団とはまた違った楽しさがあります。
 達成感でいっぱいです。子供達もこんなふうに達成感を味わっていたらいいな。

 5年生の子ども達。この難しい歌をよく歌ったと思います。合唱団がコンクールで歌うような曲です。いろいろと問題点もありますが、この子達なりのすばらしい歌を歌ったと思います。

 今回は、指導がとてもやりやすかったです。それは、担任の先生が、日々、子供達の心のコップを上向きにしようと努力されていたおかげだと思います。

 実際、練習では、毎回遅刻者はあまりいませんでした。
 日々、子供達のやる気がどんどんあがってくるのがわかりました。
 もっと声を出せ!!という必要がありませんでした。

 また、前校長先生のご指導も、非常に大きいものでした。問題点をクリアに指摘し、治してくださいました。いつもどこをどうしたらいいのかが明確になります。

 この難曲を弾きこなしたピアニストの先生の存在も、とても大きいものでした。感謝です。

 そして、選抜隊になったり、実行委員になって活躍した合唱団の子供達の存在も大きいです。

 まさにチームで勝ち取った演奏だと思います。

 僕自身、本当にいい思い出ができました。
 5年生の子供達にとっても、一つになって作り上げたこの体験が、将来の糧になればいいなと思っています。

 後々まで記憶に残るような、素敵な一日でした。

PS.今回の音楽会では、指揮の大切さを実感しました。指揮で歌声は変わります。とても大切な勉強ができました。子供達に感謝です。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校