So-net無料ブログ作成

日本アイ・ビー・エム 北城恪太郎氏の講演より [その他]

 今日は、研修会に行きました.
「これからの社会で求められる人材の育成と学校経営」という演題で、北城恪太郎氏(日本アイ・ビー・エム株式会社 代表取締役会長)の講演を聴きました。

心に残った言葉がいくつもありました。メモしたものからいくつか紹介します。

仕事とは、社会に役立つこと
企業とは、人々に喜んでもらい社会に貢献するもの

 僕たちの仕事も同じです。

●小学校卒業時の先生の一言
 正しいことをしなさい

今だに指針となっているとのこと。先生の一言は大きいです。

●これから必要な人材

ベンチャー企業で成功するのは難しい。だからアメリカでは優秀な学生が挑戦する。
雇用を作るのはベンチャー企業

ビジネスの世界は正解のない世界
自分で問題を考えなくてはいけない。
だから自分で考えられる人が必要。

これからの社会に求められる人材
新しいことに挑戦する人材

●会社の採用では

会社の採用では、学生のどこを見ているか?

学校の成績でとっている会社はゼロ
出身校も関係ない
面接を一番重視。


●教育について

・長所を認めて、褒めて育てる
自己肯定感を高める教育が大切である。
忙しくても、子供の話を聞く

知識だけではなく、自分で考える子供に育てる。

自ら学ぼうとする意志が重要


●あたまの話

あ 明るく
た 楽しく
ま 前向きに

人々が生き生きと働く職場が成果をあげる

成功する経営者は、落ちこまない
なんとかなる。と思って前向きに行動する。

●長所をほめる

子供の長所を褒めて育てる教育
変化への挑戦
褒めたほうが伸びる

人材をどう育てるか
一人ひとりに責任を与える。
常にチャンスがある。

●リーダーについて
リーダーは、目標を示す
具体的な方法を示す。
良い点・長所をほめる

組織のリーダーは「変えるんだ」というメッセージを発する。

今日の話は自分が求めているものでした。
組織の活性化のために必要なことは何か!

それは、変革すること・ほめること。変えるためには、あることをやめることも大切だ!ということも心に残りました。

僕の場合は合唱団に当てはめて考えました。

最後に、無理は長く続かないということも良い言葉でした。

明日からまたがんばろうという気持ちになりました。
良い講演会でした。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校