So-net無料ブログ作成

6年生の音楽の授業 [授業]

  今年は、4年生から6年生までの音楽の授業を持っています。
年によって違いますが、4年生の音楽が一番やりやすく、楽しいです。
 声が一番伸びる時期です。成長を感じます。

 それが、5年、6年と学年が上がってくるにしたがって、音楽の授業は難しくなります。

 それでも、5年生は、児童音楽会出場という大きな目的がありますので、まだまとまりやすいです。

 6年生になると、急に難しくなります。
 一つは、最高学年としての立場や行事などで忙しいということがあります。
 思春期に入ってしまったというのもあるかもしれません。
 更に、変声期にはいった男子の存在もあります。

 5年生とはがらりと雰囲気が変わってしまうお子さんもいます。

 そんな中でいかに6年生の音楽を作っていくか。
 目標は、卒業式の歌までありません。
 中間地点の今の6年生の音楽は何を目指したらいいのでしょう。

 目指すものが新しく見つかれば、変わるかもしれません。
 坪口先生のように、人間観察が趣味だと言い切り、その変化を温かく見守れる器が自分の中にできれば、また変わっていくのかもしれません。

  そんな中で、今日から始めたのが、混声三部に向けてのパート練習です。今日はパートに別れ、パートリーダーも決めました。さっそくパート練習もしました。中学校では合唱コンクールがあります。それに向けての準備となる経験ができればと思っています。また、変声期を迎えた男子に、新たな発声法を教える機会になればと思っています。

  ただ、これはうまくいく年とうまくいかない年があります。クラスの状態とリンクしています。今年はどうでしょう。

 6年生の音楽の授業、自分の中の大きな課題です。


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校