So-net無料ブログ作成

足底腱膜炎と温泉 [幸せに生きる]

  昨年の11月に足底腱膜炎になってから、9ヶ月以上が過ぎました。これは、かかとが痛いのが主な症状で、ランナーに多いそうです。

 昨年の11月に、医者にそう診断されてから、しばらくはランニングを休んでいました。しかし、一向に症状が良くなることはなく、ストレスもたまることから、3月から、だましだましランニングを始めました。朝の起きがけの数歩が痛むのですが、走っているうちに、痛みがなくなります。

 いろいろと調べていると、僕の場合、かかとを痛めているというよりも、血流が悪いことが原因だということがだんだんわかってきました。

 足首をくるくる回したり、フクラハギをマッサージすることで、かかとの痛みは緩和されていきます。

 ところが、ここ数日、足底腱膜炎にとても効果のある治療法?を発見しました。

 それは、温泉です。

 白山から下山して、白峰温泉の総湯に入りました。その時、長い間、半身浴をしていました。すると、下山途中で痛くなっていたかかとの痛みがなくなっていたのです。驚きました。

 偶然かと思い、昨日も温泉に行きました。すると、またまた痛みを感じなくなりました。

 そして今日も、近くの温泉に行きました。今日は、1時間半もつかってきました。
 ふきだす汗。その汗とともに、また痛みがなくなりました。今日はあえてかかとの痛い部分をさわってみました。しかし、それでも痛みは感じませんでした。

 相変わらず、朝一番の起きがけは痛いのですが、温泉につかると、うそのように痛みはなくなります。とても効果がありそうです。

 ネットで調べると、温泉は足底腱膜炎にとても良いそうです。

 そういえば、故障したスポーツ選手なども、温泉でリハビリをしています。この辺は、温泉の宝庫です。

 大好きな温泉を楽しみ、足底腱膜炎も治れば、一石二鳥です。
 大好きな温泉をた~くさん楽しみます。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校