So-net無料ブログ作成

のど声、響き、2つの課題。 [合唱]

のど声、響き、2つの課題。

今、少しずつ強弱や表現をつけています。クレッシェンドなども教えています。
すると二つの課題が出てきました。

低学年が夢中になって歌ってしまうと、のど声がすごく目立つのです。
それを修正すると、今度は高学年の響きが小さくなります。。

また響きをつけようと、お腹を使うことを教えると、低学年ののど声が復活します。

高学年のめあては、響きを出すこと。
低学年のめあては、小さくても良いから、きれいに歌うこと。

その違っためあてのため、「声の修正⇔響き」を行ったり来たりしています。

今日は、聞いてくださる先生がいたので、子供達張り切ってしまい、すっごくのど声が目立ちました。夢中になって歌うと忘れちゃうんですね。

でも、きれいな声の中でののど声は、すごく目立ちます。

一年もすれば、どの子も、きれいな声でうたえるようになるのですが、3ヶ月も満たない今年入団した2年生、3年生にとっては難しいことです。個別指導では、意識できてるんですが・・・。

小さい子たちにどうやったら、その意識を持続して歌ってもらえるか
更に高学年に響きを更に出すにはどうしたらいいか。
 
 今、二つの大きな課題です。